ここから本文です

無印とPro、iPhone 11の選び方は?評価すべきポイントをズバリ(本田雅一)

9/13(金) 6:12配信

Engadget 日本版

かつてのMac OS Xのように、「iPhone X」を従来のiPhoneとは別のものと定義して進化する、個人的にはそう予想していたので、iPhone 11という名前にやや拍子抜けしました。

ギャラリー: Apple iPhone 11 Pro | 13 枚の写真

なんて書くとネガティブに感じるでしょうけれど、「11」は新しい世代──すなわちiPhone X以降のホームボタンがないiPhoneと──その基本形の製品になっていました。昨年のiPhone XRでは触感タッチがなく、iPhone 6sからiPhone 8 / X世代までに培われた操作性がそのまま活かせないという矛盾がありましたし、アウトカメラでのポートレートモードを映像認識技術の力技でなんとか解決するなど、上位モデルとの差を感じる部分もありました。しかし、今回のiPhone 11とiPhone 11 Proにおける位置付けは明確。

いずれも最新世代のiPhoneが持つ要素は、望遠カメラとフレーム素材を除けばほとんどが共通となり、iPhone 11が“標準機“、iPhone 11 Proシリーズが“プレミアム機“と明確な棲み分けです。そのうえで、iPhone 11が“廉価版“と感じられるような要素は極力排除されています。フレームは確かにアルミ製で、上位モデルのステンレスと質感が異なることは確かですが、背面の強化ガラスにおいても、カメラのベゼル部に境目のない一体化された造形となっています。熱による曲げ加工と削り出し加工とを組み合わせていると思われます。質感の良さは上位モデル並。

「よほどのこだわりがある方以外はiPhone 11でいいのでは?」と書いてしまうと、もうこの時点で結論が出てしまうわけですが、それでもやっぱり上位モデルが気になりますよね。

そこで、iPhone 11とiPhone 11 Proシリーズを俯瞰して、あるいは他のスマートフォンも見渡したうえで、“評価の分かれ目となりそうな部分“を紹介していこうと思います。

1/4ページ

最終更新:9/13(金) 6:12
Engadget 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事