ここから本文です

17日ぶり!気仙沼漁港にサンマ水揚げ

9/13(金) 12:48配信

KHB東日本放送

宮城県気仙沼漁港に初水揚げから17日ぶりにサンマが水揚げされました。
13日、気仙沼漁港には富山県の大型サンマ船1隻が入港し、北太平洋の公海で獲れたサンマ約23トンが水揚げされました。重さは120グラムほどと小ぶりなものが目立ちました。
気仙沼漁港では8月27日に約8トンが初水揚げされて以来、17日ぶりです。シーズン序盤に不漁が続くのは異例で、次の水揚げの見通しは立っていません。
第35豊進丸・工藤日美船頭「魚の群れが全体的に薄い。これから期待しているけど、どうなるのか」
競りでは1キロ当たり平均で約600円と去年の同じ時期と比べて約7割高い価格で取り引きされました。

最終更新:9/13(金) 12:48
KHB東日本放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事