ここから本文です

石狩湾新港、スクラップ岸壁新設へ

9/13(金) 12:23配信

日刊産業新聞

国土交通省北海道開発局小樽開発建設部(北海道小樽市、渡邊政義部長)は、小樽市と石狩市にまたがる石狩湾新港の東地区で、マイナス12メートル岸壁の新設を計画している。既存のマイナス10メートル岸壁の沖側に、延長240メートル、ふ頭用地として12・3ヘクタールの規模を整備するもので、金属スクラップなどの船積みやストックヤードとして活用する。載貨重量トン数3万トン級のディープ・シー・カーゴに対応した公共岸壁としては、国内初となる。

最終更新:9/13(金) 12:23
日刊産業新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事