ここから本文です

ブラッド・ピット、日本旅行を台風で断念。「“日本でやりたいことリスト”がある」

9/13(金) 7:03配信

TOKYO HEADLINE WEB

 映画『アド・アストラ』の記者会見が12日、東京・日本科学未来館にて行われ、主演のブラッド・ピットが登場した。

 主人公の宇宙飛行士ロイが、地球外知的生命体の探求に身を捧げ行方不明となった父親の謎に迫る宇宙の旅で、自分を見出していく物語。

 日本科学未来館の地球ディスプレイ「ジオ・コスモス」をぐるりと囲む回廊を歩いて登場したブラッド。「東京は大好きで特別な街」と来日を喜びつつ、記者から日本滞在でやりたいことはと聞かれ「今回こそ、仕事だけじゃなく日本を満喫するつもりで数日前に来るはずだったんだけど、台風で飛行機がキャンセルになってしまって」と苦笑。「僕には、長い“日本でやりたいことリスト”があるんだ。今回は東京を出て地方に行ってみたくて。京都の古い建築物や庭園も見たかったし、鯉を養殖している有名なところがあると聞いていて、そこにも行きたかったし。鯉が大好きなんだ。鯉の話なら1時間もできるよ」と報道陣を笑わせた。

 今回、アジアでのプロモーションは東京でのみ実施ということで、会見には海外記者も来場。劇中で主人公がたびたび心理状態を聞かれるが今の気分は、というフィリピンの記者の質問に「時差ボケだし、お腹も空いている。でもまだ寝ないよ、東京の街をもっと見たいから」と茶目っ気たっぷりに答え笑いをさそった。

 さらにゲストとして日本科学未来館館長・毛利衛氏と、宇宙飛行士・山崎直子氏が登場すると「本物の宇宙飛行士だ!」と満面の笑顔に。実際に宇宙を経験した2人も本作を大絶賛。毛利館長は「繊細な演技が真に迫っていて、本物以上。本当にすごい俳優だなと思いました」と称え、山崎氏も「この映画を何度も見たいですし、ブラッドさんが実際に宇宙を旅する姿も見たいと思いました」とコメントし、ブラッドも大きな笑顔を浮かべた。

 映画『アド・アストラ』は9月20日より全国公開。

最終更新:9/13(金) 7:03
TOKYO HEADLINE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事