ここから本文です

“あおりエアガン”の男「トイレに行きたい」と逃走 高速の路肩に立つ姿目撃か

9/13(金) 20:38配信

メ〜テレ(名古屋テレビ)

9月13日(金) 15:46~放送 メ~テレ『アップ!』より

 東名高速で男があおり運転をした上、エアガンのようなものを発射した事件で新たな事実です。

 男は、事件から約1時間半後、警察官から職務質問を受けた際「トイレに行きたい」と話し、逃走していたことが分かりました。

 8日午前7時ごろ、愛知県の東名高速上りの日進ジャンクションの近くで、黒いワゴン車が繰り返し「あおり運転」をしたうえ、エアガンのようなものを発射した事件。

 警察は、器物損壊の疑いで、関西地方に住む40代の男の逮捕状をとり、行方を追っています。

 この映像が撮影された約40分後、同じ車とみられる黒いワゴン車が岐阜県瑞浪市でも目撃されていました。

同じ車か?40分後に中央道に 路肩に立つ男女も

「あぁ~こんなとこで止まっちゃって大変」(ドライブレコーダーに残る目撃者の声)

 8日の午前7時40分ごろ、中央道上りの路肩に止まる1台の車。その先には男女2人が立っています。目撃した人に話を聞くことができました。

「ボーっとして2人で立っていた感じだった」(2人を目撃した人)

3時間後パトカーに囲まれている様子が

 目撃した男性は、午前10時半ごろ、再びこのあたりを走行していて、その時のドライブレコーダーには複数のパトカーが、黒いワゴン車を囲むように止まってる様子が映っていました。

「黒い車があって、その周りに5~6台パトカーが止まっていた。『何かあったんかな、事故かあおり運転か』そんな話を妻と話していました」(目撃した人)

逃走直前 警察官に「トイレに行きたい」

 これまでの警察への取材で、40代の男は瑞浪市の中央道の路肩に燃料切れの車を乗り捨て、逃げていることがわかっています。逃げる直前、男は職務質問しようと近づいてきた警察官に対し、こう話したといいます。 

「トイレに行きたい」

 その直後、男は女性をその場に残し、路肩から高速道路の外へ走り去ったということです。

 男が逃げた瑞浪市の現場は、どんな場所なのでしょうか。

 路肩の先には雑木林や山が広がっていて、その反対側には、数軒の住宅が並んでいます。

 そこから1.5kmほど先には、JR中央線の釜戸(かまど)駅があります。男の足取りは分かっていませんが、電車を使ったとすれば、名古屋や長野への移動も可能です。

1/2ページ

最終更新:9/13(金) 20:38
メ〜テレ(名古屋テレビ)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事