ここから本文です

リニア問題 JR東海副社長「現在のルートで」

9/13(金) 19:44配信

静岡朝日テレビ

リニア新幹線工事をめぐり、川勝知事が「ルートを変更するしかない」と発言したことについて、JR東海の宇野護副社長は「現在のルートで進めていく」と一蹴しました。

2日間にわたって行われた県側とJR東海による専門部会。JR東海からリニア担当の宇野副社長が初めて出席しました。6月に川勝知事が現場を視察した際、隣で案内をしていた人物です。宇野副社長は「県の中間意見書に対するJR東海の回答が出ての専門部会は一つの節目」と話しましたが、きょうも課題が山積したまま終わりました。

●難波副知事
「何が問題かというところは明らかになったのではないか/まだまだ道のりはかなり…詰めるべき事項が多いので少し時間がかかるのではないか」

またおとといには、川勝知事からこんな発言も飛び出しました。

●川勝知事
「もともと松本の方を回ると言っていたではないか。そういう話だったでしょ。ルートは変えられる」

トンネル工事で出る湧水を全量戻す技術がJR東海にないとしてルート変更の必要性に初めて言及しました。この発言について宇野副社長は。

●JR東海 宇野副社長
「国が整備計画を決定して、南アルプス中南部を経由すると書いてある/国の認可を受けた計画に沿って進めていくこと以外考えていない」

最終更新:9/13(金) 19:44
静岡朝日テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事