ここから本文です

夫婦円満にも一役買う! 555円の”キロベン”

9/13(金) 17:20配信

テレ東プラス

今回は、おかずギッシリ、1キロ弁当!しかも激安...亀戸の人気デカ盛り弁当店に密着。

東京・亀戸に全国でもここだけとされるレアな店がある。さっそく取材を開始すると、そこには「挑戦者求む 1キロ弁当」の文字。この弁当店「キッチンDIVE」に入ってみるとその「1キロ弁当」が並んでいた。

試しに手にとってみると、どっしりとした重量感。セットのごはんと合わせて軽量してみると、たしかに1キロ超え。まさに“看板に偽りなし“である。そして見た目が茶色い!

来店したお客さんいわく「味もおいしい」「コスパがいい」とのこと。気になる「1キロ弁当」の中身は?

・焼きそば100グラム
・ナポリタン100グラム
・鶏肉のチリソース炒め
・肉じゃが
・メンチカツ
・コロッケ(2個)
・白身魚のフライ
・チキンカツ
・ハンバーグ

しかも値段は驚きの555円! ちなみにおかずはすべて手作り。鶏肉を例に挙げると、一度に仕込む量は48キロ。これは鶏100羽に相当するらしい。

元々、実家がお弁当屋さんを営んでいたという店長は「安さとボリュームではどこにも負けない弁当と作りたい」という熱意で、10年前の2009年に「キッチンDIVE」を開業した。しかし、なぜこれだけ低価格でボリューミーな弁当を販売できるのだろうか。

そのからくりは「大量仕入れ」にあった。馴染みの業者との信頼関係が成り立っているため、約3割ほど安く材料を仕入れることができるとのこと。

さらに「キッチンDIVE」の驚くべき特徴は「24時間営業」。そこで、どんなお客さんが来店するのか、チェックすることに...。

お昼時、若い女性が手にとったのは日替わりの200円弁当。白身魚&コロッケ、コロッケ&たまごフライ、焼肉、イカフライ&たまごフライなど日によって飽きないように内容は変えられている。スタジオではその驚きの安さに声が上がった。

月に1度は「キッチンDIVE」を利用するという男性は1キロ弁当を購入。結婚して3年目になる奥様と、1キロ弁当をシェアして食べていた。さすがに1人だと食べきれないとのこと。ボリューム満点の1キロ弁当は、夫婦円満の秘訣にもなっていた!

1/2ページ

最終更新:9/13(金) 17:20
テレ東プラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事