ここから本文です

セントライト記念の結論は明快! 「買い」の馬はダービーで…【セントライト記念】

9/13(金) 18:06配信

優馬

 牡馬クラシック最終戦、菊花賞への3枚の切符をかけた戦い、セントライト記念。実績確かなダービー組か、それとも勢いある上がり馬か。データ班の結論はどっち?

ダービー組がやはり強い

 ダービー馬ロジャーバローズは引退、ダノンキングリーやサートゥルナーリアといった面々は天皇賞(秋)という選択が濃厚で、菊花賞戦線は混戦模様。ただ、当レースを振り返ると、やはり前走・ダービー組の好走が目立つ。

■前走レース別成績(過去10年)
ダービー〔7.4.4.16〕
1勝クラス〔1.0.2.42〕
2勝クラス〔1.5.1.31〕
3勝クラス〔0.0.0.3〕
OP特別〔0.0.0.8〕
GIII〔1.1.2.16〕

 ダービー組は連対率35.5%、複勝率48.4%と高い水準。その一方で、1勝クラスを勝ち上がったばかりの馬は狙いづらい傾向にあり、ダービー組以外となると、せめて2勝クラスで走ったことのある馬を選びたいところだが…。

■前走ダービー組のポイント(過去10年)
・重賞勝ちの実績(馬券に絡んだ15頭中14頭)
・中山・阪神で3着以内(新潟開催時を除く12頭中10頭)
・ダービー最先着馬〔4.1.0.3〕※複数頭出走時
・ダービー最上位人気馬〔5.1.1.1〕※複数頭出走時

 ダービーに出走するくらいなので、重賞勝ちの実績が必須とも言えるのは不思議ではない。その他では最先着馬だけでなく、最上位人気馬にも注意が必要だろう。

■セントライト記念出走馬のダービー成績
5着 ニシノデイジー(13番人気)
7着 ランフォザローゼス(5番人気)
9着 タガノディアマンテ(15番人気)
10着 メイショウテンゲン(10番人気)
13着 ナイママ(17番人気)
15着 リオンリオン(6番人気)
17着 サトノルークス(8番人気)

 ダービー最先着馬のニシノデイジー、最上位人気馬のランフォザローゼスが狙い目。特にニシノデイジーは過去10年で9勝の関東馬。乗り替り馬の連対率7.7%に対して継続騎乗馬は連対率19.1%、加えて重賞勝ちの実績でランフォザローゼスよりも上と見る。

結論

◎ニシノデイジー
○ランフォザローゼス

最終更新:9/13(金) 18:06
優馬

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい