ここから本文です

スイス軍の依頼で作られたパラシュート部隊の腕時計が復刻

9/13(金) 20:00配信

&GP

ビンテージ感を演出するカラーリング

今回創業135周年という節目を祝して製作されたエドックスの「SKYDIVER MILITARY LIMITED EDITION」(19万5000円/税別)。40年以上もの時を経て復刻させたパラシュート部隊専用ウォッチです。

【カラーバリエーションはこちら】

復刻モデル誕生のきっかけは、工場の書物庫で偶然発見された1973年当時のデザイン画にありました。「SKYDIVER」と呼ばれるこの時計は、あるスイス軍大佐の指揮下にある山岳パラシュート部隊のために極秘に作られたもの。当時、エドックスに軍用時計の依頼が来たのは、その並外れた防水性能が、陸海空のあらゆる局面に対処可能と評価されたためでした。同年8月スイスのアルプスで行われたセレモニーでパラシューターたちに手渡されたとされていますが、これが事実かどうか、今となっては定かではありません。

このモデルは、同社が得意とする防水技術を軸に、ベゼルを薄型にすることでダイヤルを広げ、視認性を高めています。300m/30気圧の防水機能を備え、ケースバックにはブランドロゴともにパラシュート部隊のマークを刻印。ベゼルに配したグリーンがミリタリーらしさを演出、またインデックスに施したスーパールミノバの鈍いベージュとブラックダイヤルの組み合わせがビンテージらしい味わいを醸し出します。発売は9月下旬を予定。

「SKYDIVER」コレクションとして、他に3機種6モデルを同時発売。自動巻きに日付表示をプラスした「SKYDIVER DATE AUTOMATIC(スカイダイバー デイト オートマチック)」(19万5000円/税別)、クオーツ搭載の「SKYDIVER DATE(スカイダイバー デイト)」(10万円~/税別)、「SKYDIVER CHRONOGRAPH(スカイダイバー クロノグラフ)」(12万5000円~/税別)をラインナップ。いずれも十二分な実用性能を備えたハイコストパフォーマンスモデル、特にこの秋は個性的なブラウンカラーに注目です。

(文/&GP編集部)

最終更新:9/13(金) 20:00
&GP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事