ここから本文です

「eスポーツ特化型ホテル」が大阪に誕生へ、オフ会や大会前合宿にも、ハイスペックPCや実況配信用設備を完備

9/13(金) 14:50配信

トラベルボイス

戸建住宅・マンション事業を手掛けるサンユー都市開発は2020年4月、大阪に国内初のeスポーツ特化型ホテル「e-ZONE~電脳空間~」をオープンすると発表した。

「泊まれるeスポーツ施設」をコンセプトに、館内には宿泊フロアのほかゲーミングフロアを用意。最大71席のハイスペックPCブースや、実況配信用の設備も完備する。ハイスペックPCを設置する特別ルームフロアも設けるという。

サンユー都市開発では同ホテルについて、eスポーツで至極の体験ができる施設を企画。個人での利用のほか、オフ会開催や大会前の合宿などでの利用を見込む。大会やイベントも開催し、eスポーツを初体験する場としてはもちろん、ユーザー同士のコミュニケーションの場となる施設として運営していく。

ホテルが立地するのは大阪の日本橋で、地下鉄や南海、近鉄の各最寄り駅から徒歩7~10分ほど。地下1階、地上8階建てで、94ベッド数を設置する予定だ。

トラベルボイス編集部

最終更新:9/13(金) 14:50
トラベルボイス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事