ここから本文です

中学生が刺されたスズメバチ被害 西吾妻山「立ち入り規制」が1週間ぶりに解除 山形・米沢市

9/13(金) 19:40配信

さくらんぼテレビ

中学生がハチに刺され、立ち入りが制限されていた山形県米沢市の西吾妻山の登山道。市の13日の点検で安全が確認され、1週間ぶりに規制が解除された。

学校行事で西吾妻山を登っていた米沢市立第四中学校の1年生5人が6日、登山道でハチに刺された。5人はいずれも軽症だったが、市はその日のうちに登山道への立ち入りを規制した。生徒たちを襲ったのはキイロスズメバチで、市は、巣を撤去する一方、登山口にバリケードを設置して規制を続けてきたが、1週間が経った13日、職員が現場を点検し、安全が確認されたとして、午前11時半に規制を解除した。

(米沢市観光課・舟山直幸課長補佐)
「いま登山道を歩いてきてハチは見られなかったので規制解除となった。安心してこれからも登山道を利用していただけると思う」

西吾妻山は14日からの3連休、登山客の増加が見込まれ、市は紅葉シーズンも見据えて、登山者に対し引き続き注意を呼びかけていく。

最終更新:9/13(金) 20:12
さくらんぼテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事