ここから本文です

台風15号被害 伊豆の名産品ワサビにも

9/13(金) 19:56配信

静岡朝日テレビ

台風15号から5日。伊東市では今なお住民が対応に追われています。土砂崩れが起きた池地区では、代々続くワサビ農家のワサビ田に大きな被害が出ました。

本来はこの場所を透き通った清流が流れていましたが、今は見る影もなく土砂が溜まっています。ここは伊東市の池地区。土砂崩れが発生し、田んぼが水没した現場のすぐ近くです。

●ワサビ農家 井上千明さん
「今回は特にひどい。今までで初めての被災状況」

片づけに追われていたのは、ワサビ専業農家の8代目、井上千明さん(61)です。代々受け継がれた畑で、天城から流れる豊かな水源を使ってワサビを育ててきました。しかし、今回の台風で畑に日陰を作るための木は根こそぎ倒れ、植えてあったワサビを土砂が覆いました。埋まったワサビの大半は売り物にならず、一家が総出で片付けを進めていますが、復旧には2カ月ほどかかるといいます。

●井上千明さん
「ワサビは一度土を被ってしまうと全部腐ってしまう。全部抜かないとならない」「収穫することができないので、その間は収入がない状態。それがきつい」

最終更新:9/13(金) 20:11
静岡朝日テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事