ここから本文です

大坂なおみ 関係解消のコーチへ「感謝している」<女子テニス>

9/13(金) 12:14配信

tennis365.net

コーチ関係解消へ

女子テニスで世界ランク4位の大坂なおみは12日、ジャーメン・ジェンキンス氏とのコーチ関係を解消すると発表した。自身のツイッターには写真とともに感謝の言葉が綴られている。

【大坂、新コーチに求める3つ】

大坂は今年2月、2018年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)、そして今年1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)をともに制した前コーチであるサーシャ・バイン氏と契約を解消。同月にジャーメン氏を招へいしていた。

その後、新体制で臨んだ四大大会では、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で3回戦、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)では1回戦で敗退。連覇をかけて挑んだ全米オープンでは4回戦でB・ベンチッチ(スイス)にストレートで敗れていた。

大坂はツイッターに「一緒に過ごした時間とコートで学んだことにとても感謝している。でも、今は変化にふさわしい時期だと思っている」と記している。

今後は16日に開幕する東レ パン パシフィック オープンテニス(大阪/ITC靭テニス センター、ハード)に出場予定。

最終更新:9/13(金) 12:14
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事