ここから本文です

高岡開町の祖 前田利長をしのぶ/富山

9/13(金) 20:08配信

チューリップテレビ

 高岡の町をひらいた加賀藩2代目藩主・前田利長の遺徳をしのぶ式典が国指定史跡の利長墓所でひらかれました。

 これは、1609年の13日前田利長が高岡城に入ったことにちなんで毎年おこなわれているもので、式には前田家の18代当主や利長の菩提寺である瑞龍寺の住職などおよそ100人が参加しました。
 式では、高橋市長があいさつしたあと出席者が献花し、前田利長の遺徳をしのびながら今後の町の発展を誓いました。
 墓所の内部は、普段公開されていませんが年に一度、13日の式典の日だけ一般に開放されました。

チューリップテレビ

最終更新:9/13(金) 20:08
チューリップテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事