ここから本文です

ダニエル太郎 快勝でCHベスト8へ、次戦チェッキナートと激突<男子テニス>

9/13(金) 13:58配信

tennis365.net

ペカオ・シュチェチン・オープン

男子テニスのペカオ・シュチェチン・オープン(ポーランド/シュチェチン、クレー、チャレンジャー)は12日、シングルス3回戦が行われ、第7シードのダニエル太郎が第12シードのF・アルゲロ(アルゼンチン)を6-2, 6-4のストレートで破り、ベスト8進出を果たした。

【ダニエル太郎 ジョコ撃破で驚き】

この試合、ファーストサービスが入ったときに76パーセントの確率でポイントを獲得したダニエルは、アルゲロに2度のブレークを許したものの、自身はそれを上回る5度のブレークに成功。1時間27分で勝利した。

世界ランク137位で26歳のダニエルは、4強入りをかけて第2シードのM・チェッキナート(イタリア)と対戦する。両者は初の顔合わせ。チェッキナートは3回戦で第13シードのA・バトゥーティン(ロシア)をストレートで下しての勝ち上がり。

最終更新:9/13(金) 13:58
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事