ここから本文です

新しい義務教育学校の制服を学生服メーカーがプレゼン 生徒と保護者による投票で決定へ 岡山

9/13(金) 16:05配信

KSB瀬戸内海放送

 新しい制服を投票で決めます。岡山市東区の山南学区で、小・中学校5校を統廃合して2022年に新たに義務教育学校が設立されます。その新しい制服を決めるプレゼンテーションが開かれました。

(松木梨菜リポート)
「新しい義務教育学校の制服と体操服の案が並んでいます。この中から1つずつ、生徒と保護者が選びます」

 山南中学校で行われたプレゼンテーションには岡山県に本社がある3つの学生服メーカーが参加しました。全校生徒199人とその保護者に生地の特徴や機能性などを説明し、自社の制服デザインを披露しました。

 新しい義務教育学校は、岡山市東区の山南中学校と太伯・幸島・大宮・朝日の4つの小学校が統廃合され、2022年4月に開校する計画です。9年間の学校教育目標を設定する新しい種類の小中一貫校で、岡山・香川では初めてです。

 新しい制服は生徒と保護者が投票で決め、14日に学区の小学生や保護者などが投票します。

(生徒はー)
「後輩たちがかわいい制服やかっこいい制服を着て、楽しく学校生活を送れたらいいなと思いました」

(山南学園[仮称]設立協議会/光本剛士 会長)
「地域の皆さんが決めた制服ですので、それが山南の新しいイメージになってみんなが気持ち良く開校を迎えられたら」

 新しい制服は9月24日に決まります。

最終更新:9/13(金) 18:55
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事