ここから本文です

【見つかりました】14年前に、仙台駅でクレイマーさんを助けてくれたJR社員 「自分だと思う」とコメント

9/13(金) 13:12配信

ハフポスト日本版

14年前に助けてくれた駅員さんにお礼を言いたい――。

7月に掲載した、アメリカ出身のジャッド・クレイマーさんが恩人を探しているという記事には、たくさんの情報や励ましのコメントが寄せられました。

クレイマーさんが探していたのは、14年前の2005年8月16日に仙台駅で地震に遭遇した時に、宿泊費を払って彼をホテルに泊め、帰りの新幹線に乗せてくれたJR社員。 

本音を言うと、14年という長い年月を考えると簡単にはみつからないかもしれないという気持ちも、記事を掲載した時にはありました。

しかし、集まった情報やJRの協力のおかげで、「自分ではないか」という男性社員がみつかりました。

■情報とJRの協力で、恩人探しが始まった

その男性社員は、今もJR仙台支社で働いています。クレイマーさんが仙台駅で地震に遭遇した2005年8月16日は、仙台駅で帰宅困難者の支援に当たっていました。

今回恩人探しの手がかりとなったのは、男性が当時30歳くらいで、片腕だったというクレイマーさんの記憶です。

記事掲載後、JR東日本仙台支社が当時の社員名簿を元に、その詳細に当てはまる人物がいたかどうか調べてくれました。しかし残念ながら、該当する社員は人みつかりませんでした。

ただ、手に障がいをお持ちの社員がいました。「もしかしたら手を不自由そうにしているのご覧になって、片腕と思われたのでは」と、調べてくれた担当者は話してくれました。

それと同時期に、ハフポスト日本版にも「2005年当時仙台駅で働いていた社員の中に、手に障がいのある男性がいました。当時の年齢は20代後半。クレイマーさんが探しているのは彼ではないでしょうか」という情報が寄せられました。

もしかしたらこの男性社員が、クレイマーさんを助けてくれた人物かもしれない。ハフポスト日本版はJR東日本仙台支社にお願いし、その男性社員に外国から来た旅行者を助けた記憶がないかを確認してもらいました。

1/3ページ

最終更新:9/13(金) 13:12
ハフポスト日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事