ここから本文です

畑岡奈紗が単独首位に浮上 渋野日向子は「75」で42位に後退

9/13(金) 18:01配信

my caddie

 国内女子ツアーのメジャー第2戦「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」は13日、兵庫県のチェリーヒルズゴルフクラブ(パー72)で第2ラウンドが行われ、1打差3位タイから出た畑岡奈紗が7バーディ、1ダブルボギーの「67」を記録し、通算8アンダー単独首位に浮上した。

 1打差単独2位に三ヶ島かな、2打差単独3位に17番パー3でエースを達成した吉本ひかる、3打差5位タイに今季1勝の穴井詩、高橋彩華、金澤志奈、田中瑞希が続く。

 2打差11位タイから出た渋野日向子は5バーディ、6ボギー、1ダブルボギーの「75」とし、通算1オーバー42位タイに後退。6月のニチレイレディス初日から続いていた、国内での連続オーバーパーなしラウンドは「29」でストップとなった。

 元世界ランク1位の朴仁妃(韓)は通算4アンダー8位タイ、上田桃子は通算3アンダー10位タイ、イ・ボミ(韓)は通算2アンダー16位タイ、前週Vのイ・ミニョン(韓)は通算イーブンパー34位タイで決勝ラウンド進出を決めた。

 昨季覇者の申ジエ(韓)は通算3オーバー62位タイ、比嘉真美子は通算4オーバー71位タイ、勝みなみ、新垣比菜は通算6オーバー94位タイで予選落ちとなった。

最終更新:9/13(金) 18:16
my caddie

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事