ここから本文です

赤穂市職員 橋梁工事めぐり 加重収賄などの疑いで逮捕/兵庫県

9/13(金) 21:43配信

サンテレビ

橋梁修繕工事の入札で設計金額を業者に漏らし、その見返りに現金10万円を受け取ったとして赤穂市建設課の土木係長の男が逮捕されました。

加重収賄などの疑いで逮捕されたのは、兵庫県の赤穂市建設経済部建設課土木係長の濱田善彦容疑者(49)です。

警察によりますと濱田容疑者は2017年11月、赤穂市内の橋梁修繕工事の入札で贈賄などの疑いで逮捕された土木工事会社馬場組社長の馬場喜靖容疑者(54)に設計金額を漏らし、その見返りとして現金10万円を受け取るなどした疑いが持たれています。

入札には4社が参加し、馬場組が最低制限価格をおよそ4000円上回る金額で落札したということです。

最終更新:9/13(金) 21:43
サンテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事