ここから本文です

千葉の停電長期化「経験したことのない倒木や電柱倒壊」東電PGが会見

9/13(金) 21:55配信

THE PAGE

 東京電力パワーグリッド(PG)は13日夜、東京都内で記者会見を開き、台風15号の影響で千葉県内で続く大規模停電について、同県南部の4市町では全面復旧までに最大2週間かかるとの見通しを発表した。長期化した背景については、想定以上の倒木や電柱倒壊などの発生が現地調査で分かってきたと説明した。

【動画】千葉の大停電、全面復旧は最大で「2週間以内」 東電PGが会見

通常より1つの配電線の損傷箇所が多い

 4市町は、房総半島南部エリアの館山市、南房総市、鴨川市、鋸南町(きょなんまち)。これらの市町では大部分が「今後、2週間以内におおむね復旧の見込み」としており、状況によってはこのエリア内でも3日以内、1週間以内に復旧する場所もあるという。

 復旧見通しについて、同社は「2週間以内」のほかに、「1週間以内におおむね復旧」と「3日以内におおむね復旧」の計3種類にエリア分けした。「1週間以内」は君津市や東金市など18自治体、「3日以内」は千葉市や市原市など19自治体が相当する。

 同社によると、千葉県内では13日午後9時半現在、いまだ約17万2000軒が停電している。停電が長期化していることについて、金子禎則(よしのり)社長は「広範囲、超時間にわたり、多くのお客さまにいまだにご迷惑おかけしていることを、心よりお詫び申し上げます」と陳謝。他電力会社からの援軍も合わせた1万6000人体制で、1日も早い復旧に向けて作業を進めるとした。

 長期化の背景について塩川和幸技官は、房総南部エリアや東部エリアで現地調査が進むにつれ、「これまでに経験したことのない規模で倒木や電柱倒壊が発生している」ことが判明したと説明。こうした倒木によって現場に入れないケースがあり、除去・回収すべき倒木が大量に発生したことを要因に挙げた。

 また通常の台風だと1つの配電線での損傷は1、2か所程度であることが多いのに対し、強風が警戒された今回の台風では例えば10か所程度見つかるなど、事故点が多数に上ったことも影響しているとした。

 配電線の迂回ルートの活用については、一部で連携して切り替えられる場所はあるものの、房総エリアでは隣の配電線との距離が離れていて切り替えができなかったり、切り替え先として想定した配電線自体も損傷していたりして活用が困難なケースがあると述べた。

最終更新:9/14(土) 15:19
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事