ここから本文です

中国産の梅「国産」と偽装 名産ふりかけ仕入れ先

9/13(金) 17:11配信

FNN.jpプライムオンライン

FNN.jpプライムオンライン

福岡・北九州市の食品加工会社が、中国産の梅を国産と偽って販売していたことがわかり、梅を仕入れていたメーカーが、人気商品のふりかけの販売を取りやめるなど、影響が広がっている。

産地を偽装していたのは、北九州市小倉南区の食品加工会社「旬菜工房」。

会社によると、実際には、中国産の梅を加工して出荷する際に、大分産などと書かれたシールを貼って、福岡県内のメーカーなどに販売していたという。

偽装は、少なくとも5年ほど前から行われていたとみられ、「中国産より国産の方が消費者のイメージが良いと思ったが、国産の梅は流通が少なかった」などと説明している。

この会社から梅を仕入れて、福岡・太宰府市の土産物としても人気の「梅の実ひじき」を製造していた食品会社は、中国産の梅が混じったかは調査中としたうえで、製造と販売を取りやめている。

(テレビ西日本)

FNN

最終更新:9/13(金) 17:11
FNN.jpプライムオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事