ここから本文です

「倒れた室外機は自分で起こさないで!」台風の爪痕残る中、ダイキンが注意喚起…一体なぜ?

9/13(金) 19:01配信

FNN.jpプライムオンライン

片付けに“待った”! 倒れた室外機に潜むキケン

8日から9日にかけて首都圏を直撃し、猛威を振るった台風15号。その被害は大きく、13日現在も千葉県では大規模な停電が続いている状況だ。

【画像】こんな状態でも触っちゃダメ!

そのような中、Twitter上に台風の猛威を示すこんな被害の報告が挙がっている。Twitterユーザーのtk-84(@wasx716)さんが、9日に千葉県君津市の自宅で撮影したという画像がこちら。

およそ30~50kgもあろうエアコンの室外機が、もともと置いてあったと思われる位置から大きくずれ、投げ出されるように横倒しになってしまったのだ。

他にもTwitter上には「2階のベランダに置いていた室外機が落下した」「室外機のパイプが切れた」など、様々な被害が報告されていて、台風15号の凄まじさが伝わってくる。

もしそんな被害にあった場合、まだまだ厳しい暑さが残る中、すぐにでもエアコンを復活させたいと思って、倒れてしまっただけなら自力で元に戻せそうな気もするし、急いで手をかけたくなるのではないだろうか。

しかし、そんな状況について、ダイキン工業株式会社が「台風で室外機が転倒したり破損した際は、設置した施工会社様またはメーカーまでご相談をお願い致します」と呼びかけているのだ。


この呼びかけは「室外機を起こそうとすると思わぬ怪我につながる」と続いているが、一体なぜ「室外機を起こす」ことが危険なのか、その詳細についてダイキンにお話を伺った。

見た目で判断せず、プロに相談を!

――なぜ倒れた室外機を起こしてはいけない?

ご自分で転倒した室外機を起こそうとすると、思わぬ怪我をする可能性があるため、当社ではお客様による作業は控えていただくようにご案内しています。

怪我の理由として、室外機と室内機をつなぐ冷媒配管(銅でできた配管)への負荷で破損し、“冷媒”と呼ばれるガスが漏洩する可能性があることが挙げられます。

配管に開いた小さい穴から勢いよく吹き出す冷媒は、マイナスの温度になっていることもあり、それを触ってしまうことで負傷することもあります。

室外機を起こす作業や修理が必要な場合は、エアコンの据付けを依頼した業者様、またはメーカーまでご相談ください。



エアコンの室内機と室外機の間には、熱い空気を室内と室外でやり取りするための「冷媒」と呼ばれるガスが巡っているという。

冷房時はこのガスを通じて部屋の空気の熱を室外に出し、暖房時は室外の空気の熱を部屋の中に入れる、というのがエアコンの仕組みだ。しかし、配管が傷つくことでガスが漏れが発生し、触れてしまうと凍傷などの怪我をしてしまう可能性があるというのだ。



――損傷がないように見えても起こしてはダメ?

目視では判別できない破損が生じている可能性もあります。また、お客様自身で動かすことで、配管等に新たな破損が生じる場合もあります。ご自分では動かさず、据付業者やメーカーまでご相談ください。


――室外機が倒れている状態では、エアコンは使えない?

室外機が倒れている状態でのエアコンの使用はお控えください。一見、正常な運転がされているように見えても故障が発生している場合があります。また、倒れたままお使いいただくと、それが新たな故障の原因にもなります。


ダイキンによると、一見、ひび割れや配管の断裂などが無いから大丈夫!と思っても、実は内部に傷があったりと、思わぬところに危険が潜んでいるというのだ。

公式サイトでも、飛んできた木の枝や葉などが室外機に入り込んで詰まってしまっている場合は「可能な範囲で取り除くように」としているが、室外機が転倒・移動してしまっている場合は手をくわえないように呼びかけている。

さらに、室外機が浸水してしまった場合はエアコンの使用を中止してほしい、という注意も。

電気回路の部品に水が入ってしまった場合、一度乾いても漏電や発火などが起きる可能性があり、また、泥などの不純物がモーターの不具合の原因になることもあるため、電源プラグを抜く、またはエアコンのブレーカーを切って点検依頼をしてほしい、とのことだ。


転倒した場合の対処法はわかったが、そもそも転倒しないように備えるにはどうしたらいいかを聞いた。

1/2ページ

最終更新:9/14(土) 10:05
FNN.jpプライムオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事