ここから本文です

元バルサのGKシレッセン 古巣バルサとの対戦について言及

9/13(金) 15:10配信

SPORT.es

ヤスパー・シレッセンは土曜日、移籍後初めてカンプ・ノウでバルセロナと対戦する。古巣との特別な一戦を戦う同GKはバレンシアCFの公式メディアに対し、コメントを残している。同オランダ人は古巣に対し、非常にリスペクトのある姿勢を見せ、メッシの欠場がバレンシアにとって有利になることを認めている。

レヴァンドフスキに3度フラれた…レアル会長が6年間のアプローチを認める


「高いクオリティがあり、前の3人(メッシ、スアレス、グリーズマン)がいないことが僕らにとっては良いが、難しい試合になるだろう。いずれにせよ、代わりに出てくる選手達も非常に良い選手だし、カンプ・ノウでプレーすることが簡単なことは一度もないよ」


シレッセンはマルセリーノの解任で難しい時間を過ごしたことを認めたが、「今、大事なことは土曜日の試合であり、勝つつもりで挑むよ」とコメントしている。


大きな挑戦であり、「これがサッカーだが、僕は難しい試合が好きだ。全てを狙うためには僕らには結果が必要であり、カンプ・ノウで良いゲームができることを願っているよ。僕は試合に勝ちたい」と断言している。


同GKは「マジョルカ戦の勝利は僕らに自信をもたらした」と指摘し、CLの開幕戦であるチェルシー戦でも良い流れを続けることができることを望んでいる。

SPORT.es

最終更新:9/13(金) 15:10
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事