ここから本文です

オシャレなウェディング「前撮り」を成功させる5つのコツ【金城華乃子の結婚ブログVol.4】

9/13(金) 16:10配信

magacol

皆さんこんにちは!CLASSY.読者&卒花嫁の金城華乃子(きんじょう かのこ)です。今年の7月に、沖縄サミットの会場としても使われた万国津梁館で130名規模のリゾートウェディングを行いました。少しでも同世代のプレ花嫁さんのお役に立てればと思い、この連載では私の結婚準備~挙式当日までのリアルな情報をお届けします。
今回は、沖縄での【ウェディング前撮り】について、私が経験した全てをお伝えします。

前撮りをした方が良い理由とは?

私が前撮りをした理由は3つあります。
1 プロフィールブックやウェルカムスペースなど、結婚式当日に前撮り写真をフル活用出来る
2 挙式とは違うヘアメイクやドレスを楽しめる
3 2人にとって最高の思い出になる

結婚式当日に、前撮りの写真を使って作成したプロフィールブックを配りました。ブックの内容は、私たちのプロフィール、写真、披露宴の席次表などを載せました。

ヘアは挙式披露宴ではしなかったダウンスタイルで撮影しました。前撮りでは、カジュアルなスタイルにしたり遊びを加えることが出来るのも楽しいポイントです。

ドレスも同様に、挙式披露宴では着ないようなデザインにしました。バックスタイルが大胆なシンプルなマーメイドドレスです。

沖縄の自然の中でのロケーション撮影は、凄くロマンチックで、とても良い思い出となりました。

前撮り準備の手順について

前撮りの準備で欠かせないのは「SNSでの情報収集」です。前撮り準備のスケジュールと手順をお伝えします。

1 撮影場所を決める
新婚旅行や婚前旅行を兼ねて前撮りをするのも良いです。海外やリゾートだとより素敵な写真が撮れます。
私たちは会場との統一感を持たせるために、挙式と同じ沖縄で前撮りをしました。

2 カメラマン&ヘアメイクを決める
カメラマン選びは前撮りにおいて1番重要だと言っても過言ではありません。Instagramのハッシュタグ検索で、#前撮り などのキーワードを検索して、好みのカメラマンを見つけます。直接インスタのDMを送ってやり取りをしたり、プロフィール欄に記載のウェブサイトなどから問い合わせをします。
私の場合、カメラマンは沖縄の【ten carat】の仲村さんに願いしました。カメラマンの仲村さんがへアメイクさんの手配もしてくれました。

1/3ページ

最終更新:9/13(金) 16:10
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事