ここから本文です

スパーズ監督が移籍噂されたエリクセンについて断言「ここで幸せを…」

9/13(金) 20:43配信

SPORT.es

トッテナム・ホットスパーの指揮官マウリシオ・ポチェッティーノは記者会見で、MFクリスティアン・エリクセンはクラブで「常に幸せを感じている」と断言している。「彼は常にここで幸せを感じている。当然だが全ての選手に目標や挑戦があるが、既にアーセナル戦の前に言ったように、彼は正しいメンタリティーを備えている」とアルゼンチン人指揮官は語っている。

バルサに朗報!待望の“9”番が次節バレンシア戦で復帰へ!


「彼は我々にとって非常に重要な選手であり、我々の価値を高めてくれる。彼は満足しているし、もしプレーすることができれば、それを見せてくれる」とポチェッティーノは付け加えている。レアル・マドリーやマンチェスター・ユナイテッドとの関係が噂され、エリクセンは夏の移籍市場の序盤にトッテナムを離れる可能性があったが、同デンマーク人はロンドンに残る決断を下していた。


マウリシオ・ポチェッティーノは腰の負傷によって10月の終わりまでは戦線を離脱することが予想されているジオヴァニ・ロ・チェルソについても言及している。「ジオヴァニはクラブに適応していたため、私は彼の負傷にとても悲しんでいる。今は彼を待つ必要があるが、同時に我々がポジティブで、彼が復帰した時に我々をサポートすることができるように彼のリハビリをサポートしなくてはならない」と説明している。


ロ・チェルソはアルゼンチン代表の試合で怪我をしたが、ポチェッティーノは代表チームに責任を問うことを望んでいないようだ。「我々は起きてしまったことを変えることはできないが、こういったことを予知することが大事である。この関係は重要であり、誰のせいでもない」とスパーズ(トッテナムの愛称)の指揮官は締めくくっている。


元ベティスの選手がいない中で、ロンドンのクラブは今週、プレミアリーグの9位から順位を上げるために試合を戦わなくてはならない。4試合を戦い、僅か1勝しか挙げることができておらず、首位のリヴァプールと勝ち点差は7となっている。

最終更新:9/13(金) 20:43
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事