ここから本文です

【2019年最新】同志社大学・理工系の学生が就職する上位企業ランキング

9/13(金) 19:45配信

LIMO

シリーズでお伝えしている「就活企業研究シリーズ」。最新のデータを参考に、同志社大学理工系の卒業生が就職する就職先人数が上位企業ランキング及びその上場企業1社についてピックアップをし、有価証券報告書をもとに過去4年間の業績動向、従業員数、年間平均給与や最近1年間の株価動向について見ていきましょう。

同志社大学・理工系の就職先上位企業・パナソニックの過去1年の株価の動き

同志社大学理工系の卒業生が就職する上位企業ランキング

同志社大学が発表した2019年4月現在の同大学理工系を卒業した就職人数が6人以上の上位就職先は以下の通りです。

 ・パナソニック:27人
 ・ダイキン工業:19人
 ・村田製作所:14人
 ・デンソー:13人
 ・三菱電機:11人
 ・日立製作所:10人
 ・メイテック:10人
 ・京セラ:8人
 ・富士通:8人
 ・野村総合研究所:8人
 ・関西電力:7人
 ・エヌ・ティ・ティ・データ:7人
 ・島津製作所:6人
 ・三菱自動車工業:6人
 ・積水化学工業:6人
 ・オリンパス:6人
 ・タカラベルモント:6人
 ・豊田自動織機:6人
 ・SUBARU:6人

就職先企業の業績、従業員数、給与と最近の株価

さて、上位就職先企業の中から、特徴的な企業の業績動向や従業員数、給与とともに最近の株価を見ていきましょう。

 パナソニック

同社の過去4年の業績動向を見ていきましょう。

投資家が注目する親会社の所有者に帰属する当期純利益は、2016年3月期は1652億円、2017年3月期は1493億円、2018年3月期は2360億円、2019年3月期は2841億円となっています。なお、2015年4月1日より国際財務報告基準を採用しています。

では、同社の従業員数や給料はどうなっているのでしょうか。

連結の従業員数は27万1869人。また、単体の従業員数は6万2031人で平均年間給与は774.4万円となっています。平均年齢は45.6歳です。

最後に同社の過去1年の株価動向について見てみましょう。

過去1年は、昨年秋には1300円を超えるなどしましたが、現在は800円台前半の株価水準となっています(2019年9月現在)。

1/2ページ

最終更新:9/13(金) 19:45
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事