ここから本文です

夫の浮気を「あえて」ほじくらない妻たち

9/13(金) 20:45配信

All About

◆夫の浮気をあえてほじくらない妻たち

夫の浮気を知って取り乱す妻、というのは実は幸せな夫婦なのかもしれない。最近は、知ったところで「自分だけ楽しいことをしたという意味では腹が立つけど、嫉妬という感情はない」という妻のほうが目立つ。

だから妻たちは、家庭や子どもに影響がなければ「どうぞ適当に」と思っているのだ。

◆怪しいけど追求しない

飲みに行くときはあらかじめ伝え、遅くなることはなかった夫なのに急に帰宅が遅くなったり、言い訳が増えたり。明らかに怪しい言動がある。だが「深追いしてもしかたがない」と言うのは、ノリコさん(42歳)だ。結婚して13年、12歳と10歳の双子、3人の子がいる。

「連絡もなく午前様になった夫が、『部長に引きずり回されてさ』と必死に言い訳しているのを見て、『もういいよ、そんな苦しい言い訳しなくて』と思わず言ってしまいました。明らかに怪しいけど、それを追求しても、しかたがない。家でいいパパでいてくれれば、それ以上のことは知らなくていいと本気で思っています」

本当に他に女性がいたらどうするのだろうか。

「いざとなったら、子連れで実家に戻ります。近くに実家がある分、強いですよね(笑)。一応、夫の帰宅時間や言い訳はメモってますけど、今のところ週末は子どもと楽しそうに遊んでいるし、小遣い増やせとも言わないから、ぬるく見守っているんです(笑)」

いざとなったら、闘う気概はじゅうぶんにあると彼女は言う。相手の女性のことは知りたくないし、知る気もない。家で不機嫌にならず、モラハラもせず、きちんと給料を運んでくれればそれでいいのだとか。

「こんなことを言ったらいけないのかもしれないけど、誰と結婚しても可も不可もあると思うんですよ。少なくとも、夫は私や子どもに上からものを言うことはない。それだけでこの結婚はよしとしよう、という消極的な満足はあります。周りの話を聞くと、けっこうみんな夫から不快な目にあわされているので。もちろん浮気が本当なら不快ではありますが、あからさまな証拠が見つからない限り、半分楽しみながら泳がせておこうと思っています」

余裕なのか何なのか。「消極的満足」という言葉もひっかかる。

「現実には子どものことで手一杯。夫は大人なんだから、いずれ大人の判断をしてよね、というのが本音ですね」

1/2ページ

最終更新:9/13(金) 20:45
All About

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事