ここから本文です

短い手足がかわいすぎる!『ロイヤルコーギー レックスの大冒険』予告公開

9/13(金) 12:00配信

クランクイン!

 英国のエリザベス女王の愛犬をモデルにした主人公が冒険を繰り広げるアニメーション映画『ロイヤルコーギー レックスの大冒険』より、予告編が解禁。主人公のレックスが短い手足を駆使して外の世界へ飛び出し、コミカルに冒険を繰り広げる姿が収められている。

【写真】『ロイヤルコーギー レックスの大冒険』フォトギャラリー


 本作は、エリザベス女王の元で育ったロイヤルコーギーのレックスが宮殿を飛び出し、初めて外の世界と出会う物語。女王1番のお気に入り犬としてわがままに育ったレックスは、外の世界でさまざまな困難に直面し少しずつ成長していく。日本語吹き替え版では、主人公のレックスを中村悠一、ヒロインのワンダを沢城みゆきが演じる。

 バッキンガム宮殿に住むロイヤルコーギーのレックスは、エリザベス女王の“トップドッグ”として、贅沢でわがまま放題のセレブ生活を送っていた。ある日、大事な晩餐会を台無しにしてしまったレックスは、仲間のチャーリーと共に宮殿を抜け出すが、トップドッグの座を狙うチャーリーの裏切りによって池に落とされてしまう。初めての外の世界で、家を失った犬たちが住むシェルターに保護されたレックスは、さまざまな問題に直面しながらも、仲間の力を借りて宮殿へ戻ろうと計画するが…。

 予告編では、“トップドッグ”のレックスが、ひょんなことから宮殿の外へ飛び出すシーンからスタート。コーギーならではの短い脚を駆使し、宮殿の塀の隙間から外の世界へ一歩踏み出したレックスは、初めて出会うさまざまな犬たちとの出会いを通じて、徐々に成長していく。

 そのほか予告編には、初めての公道で車に引かれそうになったり、保護されたシェルターの地下にある古い焼却炉で凶暴な大型犬に追われ危機一髪の状況に追い込まれるなど、波乱を予想させる大冒険の様子の一端も収録。さらに、レックスやワンダをはじめとする個性豊かな犬たちのかわいらしい姿も存分に堪能することができるものとなっている。

 映画『ロイヤルコーギー レックスの大冒険』は10月25日より全国公開。

最終更新:9/13(金) 12:00
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事