ここから本文です

フォルクスワーゲン「ID.3」公開! CO2フリーのモビリティ時代に突入

9/13(金) 20:00配信

くるまのニュース

e-モビリティの新たな時代が到来

 フォルクスワーゲンはフランクフルトモーターショー2019で、環境に優しいモビリティの新たな時代に突入する電気自動車(EV)、「ID.3 (アイディ3)」を発表しました。

フォルクスワーゲンの未来のビジョン「ID.3」を画像でチェック (11枚)

 新開発のモジュラーエレクトリックツールキット(MEB)をベースに開発された初の電気自動車となるID.3は、バッテリーを継続的に再生可能エネルギーで充電することが可能なCO2ニュートラルなモビリティで、フォルクスワーゲンが定義した環境ビジョン、「goTOzero」を具現化したモデルです。

 ID.3の全長は、フォルクスワーゲン「ゴルフ」とほぼ同等ですが、オーバーハングが短いため、ホイールベースはCセグメントカテゴリーのどのモデルよりも長くなっており、広々とした室内空間を実現しました。

 ID.3のボディサイズは、全長4261mm×全幅1809mm×全高1552mm、ホイールベースは2765mmです。

 WLTPモード値での値航続距離は、容量45kWhのバッテリーで230~330km、容量58kWhのバッテリーで300~420km、容量77kWhのバッテリーで390~550kmを充電なしに走行することが可能。バッテリーは、最大出力11kW(AC)および100kW(DC)で充電することができ、DC充電を行った場合、30分以内の充電で最大290kmを走行することができます。

 さらにクルマの機能は、日常会話に対応したボイスコントロールによっても操作することが可能で、ドライバーまたは助手席乗員は、「ハローID.」と話しかけることでシステムを起動させることが可能です。

 ドイツにおける量産モデルのベース価格は3万ユーロ未満で、2020年半ばより販売される予定です。

くるまのニュース編集部

最終更新:9/13(金) 20:00
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事