ここから本文です

厳しい船出もウィリアンはチェルシーの今季タイトルを信じる 「難しいことはわかっているけど…」

9/13(金) 16:30配信

超WORLDサッカー!

チェルシーのブラジル代表MFウィリアンは今季のチームがタイトルを争えると考えているようだ。イギリスのロンドン地元紙『イブニング・スタンダード』が伝えている。

チェルシーは今夏、長らくエースを務めてきたベルギー代表MFエデン・アザールやブラジル代表DFダビド・ルイスらがチームを退団。

その一方で、国際サッカー連盟(FIFA)から科された補強禁止処分によって、今夏の新戦力は今年1月の時点で獲得していたアメリカ代表FWクリスチャン・プリシッチや、レンタルから戻ってきた若手に留まっている。

そのためブルーズは、今季のプレミアリーグ開幕4試合でわずかに1勝と、フランク・ランパード新監督の船出は厳しいものとなっている。

しかし、今季から背番号「10」を託されたウィリアンは、クラブの困難な状況にも関わらず、チェルシーが今シーズンもトロフィーを争えると考えているようだ。

「チェルシーは今シーズンも何かしらのタイトルを獲得できると思っているよ。もちろん今シーズン、タイトルを獲得することが難しいことはわかっているよ。ただ、それは普通のことだし、タイトル獲得は常に難しいものさ」

また、ウィリアンは前述の主力流出の影響を認めながらも、先日にイングランド代表デビューを飾ったMFメイソン・マウントやFWタミー・エイブラハムを始め、青年指揮官が信頼を置く若手の台頭に大きな期待を抱いている。

「ダビド・ルイスやエデン・アザールのような選手を失えば、それはどのチームにとっても困難だと思う」

「だけど、僕たちのチームには素晴らしい才能を持った若手が何人もいる。彼らは多くの伸びしろを持っているし、将来的にこのリーグにおいて最高の選手の1人になっていくはずだ。だから、僕たちは今でも素晴らしいチームだと言えるはずさ」

「ただ、チェルシーはビッグクラブであり、このユニフォームを着てプレーするという意味は重いものなんだ。だから、僕たちは競争に参加する中で常に勝ちに行くことが求められている」

「それは選手に限らず、監督に関しても同じさ。僕たちは毎年、何かしらのタイトルを求めているし、今年もそれができると思っているよ」

なお、ヒザの問題によって直近3試合で途中出場が続いているウィリアンだが、14日に行われるプレミアリーグ第5節のウォルバーハンプトン戦では今シーズン初先発が期待されている。

超WORLDサッカー!

最終更新:9/13(金) 16:30
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事