ここから本文です

【J1ピックアッププレビュー】攻守両面に課題を抱える両者、中断期間で立て直しを図れたのは?《清水vs名古屋》

9/13(金) 15:00配信

超WORLDサッカー!

13日、明治安田生命J1リーグ第26節、清水エスパルスvs名古屋グランパスがIAIスタジアム日本平で行われる。

両者の勝ち点差は「2」。残り11試合となった中で、ここからの勝ち点獲得は大きな意味を持ち、混戦状態となる可能性の残留争いに向けても、早めに勝ち点を稼いでおきたいところだ。

インターナショナルマッチウィークによる中断明けの一戦で勝利するのは。

◆大量失点より気になるゴール不足~清水エスパルス~

勝ち点29で13位につける清水は、順位こそ余裕があるように感じるものの、降格圏の17位・松本山雅FCとは勝ち点差「5」、プレーオフ圏の16位・サガン鳥栖とは勝ち点差「2」と安心できる状況ではない。

フライデーナイトJリーグとして、金曜夜に多くのファンが駆けつけることが期待されるホームゲームだが、喜べない状況でもある。ホームでのここ2試合は北海道コンサドーレ札幌を相手に0-8、前節は鹿島アントラーズ相手に0-4と失点が止まらない。

守備陣の立て直しも急務であるものの、それ以上に得点が奪えていないことが気になる。後半戦に入ってからの8試合のうち、4試合が無得点試合。守備の崩壊に目が行きがちだが、得点力不足を解消する方が急務と考えられる。

新加入のジュニオール・ドゥトラと得点源のドウグラスのコンビが、この中断期間でどこまでフィットさせられているか。失点に気をつけながらも、ゴールを奪って試合の主導権を握りたい。

◆上に行くか、下に行くか~名古屋グランパス~

対する名古屋は勝ち点31の9位。清水との勝ち点差は前述の通り「2」となっており、負ければ順位で逆転を許すこととなる。

昨シーズンはシーズン中盤に立ち直ったものの、終盤に向けて結果が出ず、最終節まで残留を争うこととなった。今シーズンも、第13節から前節までの13試合でわずかに1勝。4分け8敗と黒星が先行し、勝ち点を積み上げられていない苦境に立たされている。

直近の3試合は1ゴールずつしか記録できず、常に先行される展開となっている。中断期間にはYBCルヴァンカップの準々決勝で川崎フロンターレと2試合を戦ったが、0-2、2-2と勝つことができず、敗退となっている。

昨シーズン同様に、シーズン途中にチーム状態が下降線を辿り、歯止めが利かない状況となっている名古屋。この辺りで再浮上できなければ、2年連続のシビアな残留争いに巻き込まれてしまう。

【予想スタメン&フォーメーション】
◆清水エスパルス[4-2-3-1]

GK:大久保択生
DF:エウシーニョ、立田悠悟、二見宏志、松原后
MF:ヘナト・アウグスト、竹内涼
MF:中村慶太、ジュニオール・ドゥトラ、西澤健太
FW:ドウグラス
監督:篠田善之
出場停止:なし
ホームでの大量失点を防ぎたい清水だったが、今夏加入の吉本一謙が負傷離脱と苦しい状態。立田悠悟が代役として入ると予想する。また、ジュニオール・ドゥトラが満を持して先発と予想。ドウグラスとのコンビで、得点力不足解消なるか。

◆名古屋グランパス[4-4-2]

GK:ランゲラック
DF:宮原和也、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊
MF:ガブリエル・シャビエル、エドゥアルド・ネット、ジョアン・シミッチ、和泉竜司
FW:赤﨑秀平、ジョー
監督:風間八宏
出場停止:なし
リーグ戦3戦勝利なしの名古屋だが、ベストメンバーで臨んでくると予想。前節は出場停止の影響もあり、システムも[3-4-3]に変更。若手選手も起用したが、首位のFC東京に敗れた。今節は[4-4-2]に戻すことが予想され、2トップに赤﨑秀平が先発復帰すると予想する。

【注目選手】
◆FWドウグラス(清水エスパルス)
清水の注目選手は1トップに入ると予想されるFWドウグラスだ。前述の通り、守備面の不安定さを解消したいところだが、得点が奪えなければ勝つことはできない。攻撃で主導権を握ることで、守備の負担を減らせるか。練習試合ではジュニオール・ドゥトラとのコンビが好調なだけに、しっかりと本番で成果を見せたい。

◆FWジョー(名古屋グランパス)
名古屋の注目選手は、こちらも得点が期待されるFWジョーだ。昨シーズンのJ1得点王だが、今シーズンは苦しんでいる。開幕戦こそ2ゴールを記録し、今シーズンも爆発の予感を漂わせたが、ここまで23試合に出場し6ゴールと不発。第12節から第23節までは無得点が続くなど、2年目のジンクスとも言える不調だ。それでも第24節で久々のゴール。ルヴァンカップでもゴールを決めており、復調の予感。2シーズン連続の残留争いを避けるためにも、ジョーの活躍が必要だ。

◆先手を奪うのはどちらか

この試合のポイントは、やはり先制点だろう。清水としては、ここ2試合のホームゲームの悪夢がよぎるだけに、早い時間での失点は避けたいところ。とは言え、攻撃の時間を減らせば名古屋に押し込まれる展開は想像でき、不調ながらも強力な攻撃陣が火を吹く可能性はある。

一方の名古屋も、ここ数試合の展開を考えれば、先に得点を奪いたいところ。しかし、守備陣が安定しているとは言えない状況なだけに、前掛かりになり過ぎるのも怖いところだ。

互いに攻撃、守備と問題を抱えている状況なだけに、いかに主導権を握りに行くかがカギとなる。中断期間でこれまでの流れを払拭するのはどちらのチームになるか。

前回対戦は1-2で清水が勝利している。中位を争うシックスポインターは、13日の19時30分にキックオフを迎える。

超WORLDサッカー!

最終更新:9/13(金) 15:00
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事