ここから本文です

チェルシーに新たな疑惑…当時14歳の選手に不正アプローチか

9/13(金) 19:01配信

超WORLDサッカー!

選手の登録禁止処分が科されているチェルシーに新たな疑惑が浮上した。

ドイツ『Der Spiegel』によると、チェルシーは2016年、当時まだ14歳だったオーストリア人のティエルノ・バロに不正にアプローチ。レバークーゼンに在籍していた同選手やその親に対し、莫大な金銭の受け渡しと2019年夏以降の年俸の約束を交わしたという。

FIFAの規則では16歳未満の外国人選手と契約は禁止されているうえ、プレミアリーグのルールでも若手選手への金銭的なオファーは厳禁だ。

チェルシーが接触を図ったとされるその年の夏、バロは突如ドイツ下位リーグのヴィクトリア・ケルンへ移籍。ドイツ雑誌『Reviersport』の記事の中で、ヴィクトリア・ケルンの税務顧問を務めるフランツ=ヨーゼフ・ヴェルンツェ氏が「バイエルンやライプツィヒ、ケルンといったクラブが興味を示していた中で、彼の親はチェルシー移籍を決断した」とコメント。さらに、「だがイングランドに移籍できる年齢ではないため、我々の元に預けたのだ」と語ったという。

そして2018年夏、16歳になったバロは満を持してチェルシーに移籍。『Der Spiegel』によれば、同選手は現在21万5000ポンド(約2900万円)という高額な給与を受け取っているようだ。

『Der Spiegel』はこれら一連の問題に関して、バロやその母親、チェルシーに回答を求めたが、バロの保護者的立場にあるピーター・ヒューメルレーナー氏は「移籍はバロ自身が決めたもの。安定した社会的かつ個人的な環境を保証できると思ったから、我々は承認したんだ」と話したという。なお、チェルシーからの回答は今のところない模様。

チェルシーは今年2月、FIFA(国際サッカー連盟)から、18歳未満の外国人選手の契約に関する規則に違反したとして、今後2度(2019年夏、2020年冬)の移籍期間での選手登録禁止を下されている。

そこに加えて、今回の疑惑が事実だった場合、さらなる制裁が科される可能性があるが果たして。

超WORLDサッカー!

最終更新:9/13(金) 19:13
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事