ここから本文です

カゼミロ、セレソンデビューのヴィニシウスに「バロンドールについて考えて欲しい」

9/13(金) 19:45配信

超WORLDサッカー!

レアル・マドリーに所属するブラジル代表カゼミロが、同胞のFWヴィニシウス・ジュニオールについて言及した。スペイン『アス』が伝えている。

昨夏マドリーに加わったヴィニシウスは、加入当初こそカスティージャ(Bチーム)でプレーしたが、シーズン途中でスタメンを奪取し、昨シーズンは公式戦31試合で3ゴール12アシストを記録。今シーズンのスタメン出場は1試合のみとなっているが、11日にはセレソンデビューを飾った。

順調にステップアップをしているヴィニシウスに、セレソンの先輩でチームメイトであるカゼミロはその才能を絶賛。だが、大きな野望を持つべきだと提案した。

「ヴィニシウスはとても賢い。この1年で出場した試合で多くの人を驚かせた。19歳の少年がレアル・マドリーのユニフォームでプレーすることは普通ではないよ。今年は大きなことを考えなければいけないと彼にもこの前言ったよ」

「レアル・マドリーのスタメンになる準備ができることを見せた。バロンドールやFIFAのベストイレブンについて考えて欲しいんだ。彼は偉大な選手だということをすでに証明している」

「もちろん彼はとても若いから過度なプレッシャーをかけすぎてはいけない。だけど、大きなことを考え始めるべきと思う。彼と代表で一緒にいることはとても重要だが、落ち着かなければならない。たった2年前は彼はフラメンゴのユースチームでプレーしていたんだ」

超WORLDサッカー!

最終更新:9/13(金) 19:45
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事