ここから本文です

【MLB】ダルビッシュの14K快投に米記者も称賛の嵐「ヤバい、エグい」「エースのよう」

9/13(金) 13:44配信

Full-Count

3度の3者連続三振、18アウト中14個を三振で奪う快投

■カブス 4-1 パドレス(日本時間13日・サンディエゴ)

 12日(日本時間13日)の敵地パドレス戦で圧巻の14三振を奪って、今季6勝目をマークしたカブスのダルビッシュ有投手。今季29試合目の先発マウンドは序盤から“奪三振ショー”に。3度の3者連続三振を奪うなど、6回を投げて18個のアウトのうち14個を三振で奪う投球で勝利投手となった。

【動画】ダルビッシュの復活奪三振ショーに米記者も感嘆…「美しいカーブ」と称賛された“芸術的”なボールの軌道

 初回を3者凡退に打ち取ると、2回はパドレスの中軸を3者連続三振。3回も初安打こそ許したが、難なく無失点に封じた。4回1死から5回2死にかけても3者連続三振。6回は先頭のガルシアに三塁打を浴びたが、そこから3者連続三振。この回で110球となったが、6回2安打14奪三振無失点の快投だった。

 この日奪った10個目の三振で2年ぶりにシーズン200奪三振に到達したダルビッシュ。200奪三振は自身4度目で野茂英雄氏に並ぶ日本人最多タイ記録となった。自身メジャーで2番目の多さとなる1試合14奪三振は5度目。2013年8月12日に15奪三振をマークしており、残る4度の14三振も全て2013年に記録している。

 この日のダルビッシュの“無双”ぶりに、米記者たちも驚愕した。米スポーツ専門局「ESPN シカゴ」のジェシー・ロジャース記者は自身のツイッターで「ユウ・ダルビッシュによる一流のパフォーマンス。14奪三振。2安打、2四球。110球」「ダルビッシュが14奪三振としたのは6度目……それまでの5回は2013年だった」とこの日の投球内容を伝えた。

 MLB公式サイトのパドレス番記者であるAJ・カッサベル記者も自身のツイッターで試合をレポート。「今日ユウ・ダルビッシュはパドレス打線から6回で14奪三振とした。パドレスと球審に助けられた部分もある。しかし、ヤバイ、彼はエグかった」と、驚きを隠さなかった。

 米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のシャハデフ・シャルマ記者も「カブスはこのようなパフォーマンスを心底必要としていた。ここのところ、彼は明るい材料だ」とツイートし、地元シカゴのニュース番組「WGNニュース」のレポーターであるジョシュ・フリードマン氏も「110球目でダルビッシュはホズマーを見逃し三振に仕留めた。ユウの14奪三振目。たった2安打、2四球。エースのようなパフォーマンス」と称賛していた。

Full-Count編集部

最終更新:9/13(金) 13:44
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事