ここから本文です

【MLB】ダルビッシュはカブスで「最も頼れる男」 米メディア絶賛「救世主」「PSの希望」

9/13(金) 22:07配信

Full-Count

自己最多に「1」と迫る14奪三振の快投、同僚も「彼はアンビリーバブル」

■カブス 4-1 パドレス(日本時間13日・サンディエゴ)

 カブスのダルビッシュ有投手は12日(日本時間13日)、敵地パドレス戦で6回2安打無失点14奪三振2四球と快投。今季6勝目(6敗)をマークした。序盤から“奪三振ショー”を展開し、18個のアウトのうち14個を三振で奪う圧倒的な投球を披露。地元メディアは、後半戦に入ってから驚異的なパフォーマンスを見せ続ける右腕について「救世主」「ポストシーズン(PS)の希望」と絶賛している。

【動画】積み重なる三振の山! ダルビッシュが奪った全14三振ダイジェスト

 同地区のブルワーズと並び、ワイルドカード出場圏内の2位につけるカブス。1つの負けが致命傷となりかねない熾烈な争いが続く中、またもダルビッシュが輝いた。14奪三振は自己最多に「1」と迫る快記録。過去5度ある14奪三振はいずれも7イニング以上を投げてのもので、6イニングで到達したのは初だ。

 地元紙「シカゴ・サンタイムズ」は「カブスがパドレスに勝利してプレーオフのポジションを維持、残りの16試合に注力」とのタイトルで速報。記事では「このチームにとって良いことは、16試合を残し、救世主を見つけたかもしれないことである。残念なことは、ダルビッシュが残りの試合のうち3試合にしか登板できないことである」と絶賛している。

 また、ESPNも「カブスのポストシーズンの希望は――サプライズ!――ユウ・ダルビッシュにかかっている」とのタイトルでレポート。1年目の昨季から今季前半戦まで苦しんだダルビッシュについて「今季波のあるカブスにとって、最大のサプライズかもしれないが、最もマウンドで頼れる男が、1年前に最も結果を残せず、最もファンに嫌われていた投手である」とした上で、「今月、そして来月にカブスが躍進するためには、ダルビッシュに牽引してもらう必要がある。これは数か月前には考えられなかった」と言及している。2016年以来の世界一を目指すカブスにとって、ダルビッシュは「最も頼れる男」だと断言している。

1/2ページ

最終更新:9/13(金) 22:59
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/16(月) 13:35

あなたにおすすめの記事