ここから本文です

稲穂きらり 秋空ふわり 滝沢の水田、実入り上々

9/13(金) 9:33配信

岩手日報

 12日の県内は、高気圧に覆われて晴れや曇りとなった。各地の水田ではこうべを垂らした稲穂が秋の陽光を浴びて金色に輝き始め、実りの季節を感じさせている。

 滝沢市大崎の会社員中村則彦さん(58)が仕事の傍ら手掛ける約40アールの水田では、タカの姿をした鳥よけ用の11個のたこが青空に浮かぶ。風を受けると生きているように飛び回り、近づく鳥をけん制する。

 中村さんは「以前は反射テープだったが、2年前からたこを設置するようになった。今年の稲の実入りは上々だ」とほほ笑む。

 盛岡地方気象台によると、13日は高気圧に覆われて晴れや曇りとなりそうだ。

最終更新:9/13(金) 13:20
岩手日報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事