ここから本文です

米利下げ年内あと2回、その後しばらく据え置き-エコノミストが予想

9/13(金) 18:00配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 米金融当局は17、18両日の連邦公開市場委員会(FOMC)でフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0.25ポイント引き下げた後、12月に再び同じ幅の追加利下げを行い、その後は同目標を1.5-1.75%のレンジにしばらく据え置いたままにする。ブルームバーグがエコノミストを対象に行った最新調査でこのような予想が示された。

オックスフォード・エコノミクスのエコノミスト、キャスリーン・ボストジャンシク氏(ニューヨーク在勤)は回答に当たって、「米金融当局は現在続いている貿易戦争の尻拭いをしたくはないが、通商を巡る不確実性の高まりや関税合戦が経済に与える悪影響を和らげようとする以外に選択肢がない」とのコメントを寄せた。

エコノミスト35人を対象に9-11日に実施した調査では、米政策金利の道筋についての予想が、7月のFOMC前の同様の調査に比べ引き下げられた。ただ、約10年半ぶりの利下げを決めた同月31日の記者会見で、パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長が「サイクル半ばの調整」としたものよりも、もっと長期にわたる一連の動きに当局が着手したとの見方はきっぱりと退けられた。

米金融当局が来週のFOMCで追加利下げに踏み切るとの予想は投資家も共有する。パウエル議長をはじめとする当局者は、通商摩擦に伴う経済へのリスクの高まりや世界的な景気減速、当局目標を下回って推移する低インフレに引き続き言及している。議長は同時に、米経済または世界経済がリセッション(景気後退)に陥るとは見込まれないとしている。

エコノミスト調査の結果もこうした見解に沿った形だ。経済成長とインフレのリスクバランスに関する質問には、回答者の88%が下方に傾斜しているとの判断を示した。1年前の調査で同様の見方を示したのはわずか16%であり、違いが鮮明となった。

このほか、来年末までの期間について米経済成長に対する最大の脅威とされたのは通商対立で、世界的な需要鈍化がそれに続いた。しかし、現行の緩和局面で政策金利が最終的にゼロまで引き下げられると予想したのはわずか2人で、マイナス金利を見込んだのは1人だけだった。

原題:Fed Seen Cutting Rates Twice More in 2019 Before Holding Steady(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Christopher Condon, Catarina Saraiva

最終更新:9/13(金) 18:00
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事