ここから本文です

【JRA】阪神で阪神ジャンプS、深夜にはディアドラ参戦の愛チャンピオンSも/本日の注目ポイント

9/14(土) 6:00配信

netkeiba.com

 9/14(土)は中山・阪神の2場開催。13日正午の馬場発表は中山が芝良・ダート稍重、阪神は芝稍重・ダート重。14日の天気は中山が晴れ時々曇り、阪神が晴れの予報となっている。

■愛チャンピオンSにディアドラが参戦
 ナッソーSを勝ち日本産の日本調教馬としては史上初の英GI制覇を達成したディアドラが、O.マーフィー騎手と再度コンビを組み愛チャンピオンSに参戦。発走予定時刻は日本時間24時15分で、国内でも馬券が発売される。他には、英ダービー馬アンソニーヴァンダイク、ムーア騎手騎乗の牝馬マジカルらA.オブライエン勢、インターナショナルS3着のエラーカムらが出走。

■阪神8R・阪神ジャンプSにシンキングダンサーなど
 阪神8Rは阪神ジャンプS(J・GIII)。中山グランドジャンプ(J・GI)で2着のシンキングダンサーが秋の始動戦を迎える。他には、平地重賞の勝ち馬でもあり新潟ジャンプS(J・GIII)4着のメドウラーク、前走障害OPを勝ったアグリッパーバイオ、トゥルーハートなどが出走。

■阪神9R・野路菊Sはマイラプソディに注目
 阪神9Rは野路菊S。芝1800mの2歳オープン戦で、少頭数の5頭立てとなった。マイラプソディは圧倒的人気に応え優勝した7月7日の新馬戦以来2戦目となるが、ここでも断然人気が予想される。鞍上は引き続き武豊騎手。

■吉村智洋騎手が阪神で騎乗
 ワールドオールスタージョッキーズにも出場した兵庫の吉村智洋騎手が阪神で騎乗。2鞍を予定しており、9R・野路菊Sでは地元のエキサイター、10R・芦屋川特別(2勝クラス)では昇級2戦目のオトナノジジョウとコンビを組む。

■アメリカンファラオの産駒アブルハウルが登場
 中山5Rは芝1800mの新馬戦で、米国産の牡馬アブルハウルに注目。父は米三冠馬アメリカンファラオ、母は北米GIの勝ち馬キトゥンズダンプリングスという良血馬で、M.デムーロ騎手を背にデビューする。稽古の動きも良く、初戦から期待できるだろう。

■中山6Rの新馬戦はタマモエクランに注目
 中山6Rはダート1200mの新馬戦。スマートファルコン産駒の牝馬タマモエクランに注目したい。半兄に現3勝のタマモサザンクロスがいる血統で、稽古では素軽さを見せている。横山典弘騎手を背に初戦勝利を目指す。

■阪神5Rの新馬戦でロードカナロアの全弟がデビュー
 阪神5Rは芝1400mの新馬戦。ロードカナロアの全弟・ラストブラッサムが初陣を迎える。鞍上はロードカナロアとのコンビでGI・6勝を挙げた岩田康誠騎手。入念に乗り込まれ、仕上がりは上々だ。

■江田照男騎手らが区切りの勝利まであとわずか
 江田照男騎手はJRA通算900勝まであと3勝で、本日は中山で5鞍に騎乗。勝浦正樹騎手はJRA通算900勝まであと3勝で、本日は中山で1鞍に騎乗する。

最終更新:9/14(土) 6:00
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事