ここから本文です

関空、ゴミ箱センサー実証実験 あふれる前に回収

9/14(土) 9:29配信

Aviation Wire

 関西空港を運営する関西エアポート(KAP)は、ゴミ箱があふれる前にゴミを回収するため、ゴミ箱センサーの実証実験を実施している。国内空港初の取り組みで、環境用品を手掛ける山崎産業(大阪市浪速区)と9月20日まで実験する。

 訪日外国人の増加を背景に、清掃スタッフのゴミ回収作業の効率化を目指す。空港内の各ゴミ箱にセンサーを取り付けることで、ゴミがあふれる前にゴミ箱の状態をリアルタイムに把握し、回収できるようになる。

 KAPでは、同システム導入でゴミの量をピンポイントで把握できることから、少人数で効率よく回収でき、空港の美観を損なわずに清掃できるとしている。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:9/14(土) 9:29
Aviation Wire

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事