ここから本文です

15日、つがるで「ゆるキャラすもう大会」/鯵ケ沢の「デカわさ」「あじっぴー」/優勝目指し稽古に汗

9/14(土) 10:44配信

Web東奥

 15日に青森県つがる市のイオンモールつがる柏で開かれる「第7回青森県全国ゆるキャラすもう大会」に初参加する鯵ケ沢町のゆるキャラ「デカわさ」と「あじっぴー」が12日、同町の海の駅わんどで稽古に励んだ。

 全国区の人気犬わさおをモチーフにしたデカわさは、実物を上回る迫力を誇り、粘りの相撲が身上。一方、わんど内で農産物直売所を運営する「あじ・彩・感」倶楽部のキャラクターであるあじっぴーは、農作業で鍛えた機敏な足腰が自慢のクマゲラだ。

 舞の海らを輩出した相撲どころから満を持して参戦する両雄は、わんど内にある鯵ケ沢相撲館でウオーミングアップした後、屋外に設置した土俵で胸を合わせ、たっぷりと汗を流した。デカわさは「組んでからが勝負。目指すは優勝」と鼻息荒く、あじっぴーは「まずは初戦突破。頑張るっぴー」とおどけた。

 大会には県内の自治体や企業のキャラクター31体が集合。15日午前10時半から午後1時まで熱戦を展開する。土俵入りやゆるキャラたちとの交流会もある。問い合わせは大会実行委員長の荒谷政志さん(電話080-3146-8331)へ。

最終更新:9/14(土) 15:23
Web東奥

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事