ここから本文です

飯尾和樹と岩井ジョニ男が、結婚する後輩に贈った「うらやましい」言葉 「人を傷つけない笑い」の芸人魂

9/20(金) 7:00配信

withnews

お笑い芸人の世界は、人情で支えられている。売れない時代に先輩から譲り受けた逸品や、芸人仲間との思い出の品、大した価値はなくても捨てられない品が一つはあるもの。そんな「芸人遺産」を紹介してもらい、いかにも芸人らしい“知られざる物語”をつむいでいく――。今回は、昨年から『ウチのガヤがすみません!』『踊る!さんま御殿!!』(ともに日本テレビ系)などに出演し、徐々に注目を浴びているお笑い芸人コンビ、ペッパーボーイズ・石本しょーきさん(27)の自宅に訪問。希代の天然っぷりと、思い出の品とのエピソードが絡み合い、笑えてホロリとくるインタビューとなった。(ライター・鈴木旭)

【画像】「金額に驚いた」飯尾和樹さんが後輩に贈ったご祝儀袋、書かれていた言葉がさらに胸を打つ……

「君はもしかしてクズなのか?」と一喝された

――まずは、思い出の品の贈り主から教えてください。

今の事務所の先輩で、ずん・飯尾和樹さんとイワイガワ・岩井ジョニ男さんです。


――お二人と初めて会ったのはいつごろですか?

2012年に東京アナウンス学院の養成所在学中に所属が決まった浅井企画の事務所ライブですね。それがちょっとハードルの高いライブで、若手芸人は通常のライブで結果を残さないと出られないんです。そこに飯尾さんもジョニ男さんもいらっしゃって。初めて生で見たし、「うわっ、テレビの人だ!」って別次元にいる感覚でした。


――まだ芸人1年目でプロって感覚もない頃ですよね。そのライブで、どんな話をしたか覚えていますか?

初対面でガチガチに緊張していたので、本当に大した会話もできなかったですね。当時、僕たちは「3LDK」ってトリオを組んでたので、ジョニ男さんから「お前ら、間取りはなんだ?」みたいなボケを連発された記憶はありますけど(笑)。

あっ、飯尾さんには初対面で怒られたんだ! ライブの打ち上げで僕に彼女(今の奥さま)がいるって話をしたときに、「まぁ養ってもらってるんですけどね」ってヘラヘラしながら軽くボケたんです。そしたら飯尾さんから「君はもしかしてクズなのか? ホントにそんなこと良いと思ってるのか?」と一喝されまして。後を引きずる感じではないんですけど、飯尾さんは本当に優しくて、“女性を泣かす”みたいなことが許せない方なんですよ。


――なるほど。すると、お二人との交流が深まったのは、どのあたりからですか?

初ライブの2年後くらいですかね。飯尾さんが主催の「大喜利合宿」に誘っていただいたんです。まぁ大喜利は名目で、実際には浅井企画の芸人何組かで行った、1泊2日の楽しい静岡旅行。大喜利を小一時間やったら、飯尾さんが「もういい、ご飯行こう」って感じの(笑)。

その旅行で、めちゃめちゃおいしいおすし屋さんに連れてってもらったんですけど、僕の隣に座ったのがジョニ男さんだったんです。そこでガッツリいろんな話をして、一気に距離が縮まりましたね。ある日突然連絡が来て、僕の家に寝泊まりすることも珍しくなくなりました。

1/4ページ

最終更新:9/20(金) 10:51
withnews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事