ここから本文です

森薗政崇、国際ペアで決勝へ 男女とも日本勢が上位進出<卓球・パラグアイオープン>

9/14(土) 13:04配信

Rallys

<ITTFチャレンジプラス・パラグアイオープン 2019年9月10日~14日>

13日、南米パラグアイで行われる国際大会、ITTFチャレンジプラス・パラグアイOPが大会4日目を迎えた。

【写真】黄金世代の1人・早田ひな、地球の裏側パラグアイで優勝なるか

日本勢は、森薗政崇(9月世界ランキング62位・BOBSON)、早田ひな(同29位・日本生命)、橋本帆乃香(同36位・ミキハウス)、塩見真希(同97位・ミキハウス)が試合に臨んだ。

森薗、早田、橋本が準決勝へ U21では塩見が優勝

男子シングルスでは、森薗がティアゴ・モンテイロ(同66位・ブラジル)らを下し、準決勝進出を決めた。森薗は、ルボミール・ピシュテイ(同55位・スロバキア)と組んだダブルスでも、フルゲームの激戦を連続で制して決勝に駒を進めている。

女子シングルスでは早田と橋本が準決勝へ。橋本は塩見との同士討ちを制した。ダブルスでは、第1シードの橋本/塩見ペアが1ゲームも落とすことなく決勝進出を決めている。また、U21女子シングルスでは、塩見が嬉しい優勝を飾った。

大会最終日は、男女シングルスの準決勝・決勝、男女ダブルス決勝が行われる。

日本男子組み合わせと見どころ

<シングルス準決勝>
森薗政崇 - CIFUENTES Horacio(アルゼンチン)

<ダブルス決勝>
森薗政崇/ピシュテイ(スロバキア) - クリスチャン・プレテア/SZOCS Hunor(ルーマニア)

日本男子は、森薗が実力を発揮しシングルス・ダブルスともに上位進出を遂げている。

シングルス準決勝では、準決勝でアルゼンチンのCIFUENTES Horacio(同79位)と対戦する。CIFUENTES Horacioは、丹羽孝希(同11位・スヴェンソン)を破ったZHANG Kai(同546位・アメリカ)に勝利しており侮れない。

ダブルスでは、森薗/ピシュテイの国際ペアで1回戦から全試合フルゲームの大激戦を制して決勝まで勝ち上がった。決勝ではルーマニアペアと対戦となるが、激戦を勝ち抜いてきた2人のペアリングに期待が高まる。

1/2ページ

最終更新:9/14(土) 13:04
Rallys

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事