ここから本文です

【台風15号】鎌倉市が相談窓口開設

9/14(土) 5:00配信

カナロコ by 神奈川新聞

 鎌倉市は14日から16日までの3日間、台風15号の被害に関する相談窓口とコールセンターを開設する。

【写真特集】台風15号の被害状況

 市役所第3分庁舎1階の市役所講堂に設けられる窓口には、消防職員ら6人が常駐。罹災(りさい)証明の申請を受け付けるほか、建物破損やごみ処理方法などの相談に応じる。罹災証明の申請には、身分証明書か委任状が必要。

 窓口、コールセンターとも、午前9時から午後5時まで。センターは市役所代表番号電話0467(23)3000。

◆ふるさと納税で支援
 鎌倉、逗子の2市はふるさと納税を活用し、台風15号で被害を受けた公共施設や市有地の修繕への寄付を募っている。返礼品はない。

 2市とも、ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス災害支援」で募集。5千円以下は現金で、鎌倉市企画計画課、逗子市財政課でそれぞれ申し込む。問い合わせは企画計画課電話0467(23)3000、財政課電話046(873)1111。

神奈川新聞社

最終更新:9/14(土) 5:00
カナロコ by 神奈川新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事