ここから本文です

真木よう子と増田貴久が「ボイス 110緊急指令室」撮影終了、コメントも到着

9/14(土) 8:00配信

映画ナタリー

連続ドラマ「ボイス 110緊急指令室」に出演した真木よう子と増田貴久(NEWS)のクランクアップコメントが到着した。

【写真】「ボイス 110緊急指令室」真木よう子と増田貴久のクランクアップ時の様子。(メディアギャラリー他1件)

唐沢寿明と真木が共演する本作は、警察の緊急指令室に創設されたECU(Emergency Call Unit)を舞台に、“声”を手がかりに事件を解決していく刑事ドラマ。唐沢が猟奇殺人犯に妻を殺され復讐に燃える刑事・樋口彰吾、真木が父を殺されたボイスプロファイラー(声紋分析官)の橘ひかりを演じる。増田は樋口を“兄貴”と慕う捜査員・石川透に扮した。

真木は「これまで演じてきた役の中で、もっとも本来の自分とかけ離れた役でした。正直しんどかった場面も……」と話しつつ「一方で、前室では共演者はもちろん、スタッフの方々とすごくお話を、というよりふざけさせていただいて……(笑)」と現場を振り返る。また増田は「僕が初めて日テレのドラマに出させていただいたときのプロデューサーの方が、この作品のチーフプロデューサーになられていて」と明かし、「また皆さんとご一緒できるように、引き続きがんばります!」と決意を込めてコメントした。

「ボイス 110緊急指令室」は日本テレビ系で毎週土曜22時より放送中。浜田秀哉が脚本、大谷太郎と久保田充が演出を担当する。

■ ボイス 110緊急指令室
日本テレビ系 毎週土曜 22:00~

■ 真木よう子 コメント
これまで演じてきた役の中で、もっとも本来の自分とかけ離れた役でした。正直しんどかった場面も……。でも一方で、前室では共演者はもちろん、スタッフの方々とすごくお話を、というよりふざけさせていただいて……(笑)。ドラマももちろん面白いですが、制作者側も楽しく作品作りができたと思っています! ありがとうございました!

■ 増田貴久 コメント
僕が初めて日テレのドラマに出させていただいたときのプロデューサーの方が、この作品のチーフプロデューサーになられていて……よいところ、成長を見せられるようにと努めてきました。内容、セット、すべてが素晴らしく、少しでもそのクオリティに近付くことができたらなと思いながらの日々でした。また皆さんとご一緒できるように、引き続きがんばります!

最終更新:9/14(土) 8:00
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事