ここから本文です

横浜隼人・水谷監督と花巻東・佐々木監督の恩愛の絆

9/14(土) 11:05配信

東スポWeb

【ネット裏・越智正典】熊本県玉名高投手、1952年西鉄、55年なかば大映の坂上惇が6月に博多で亡くなってからあっという間に秋になった。彼は会うと「上には上があるなー」。

 オハコ話は「52年のことです。西鉄の豪打者深見安博さんと大映のキャッチャー伊勢川真澄さんが本塁でもめました。大映ベンチから東都大学の最強打者、中央大で深見さんの5年先輩の加藤正二さんが出て来ました。すると西鉄ベンチから三原監督。“正二、なにしとるね”。三原さんは加藤さんの高松中学の大先輩です。加藤さんが一礼。凄いと思っていると、大映ベンチから藤本定義監督。三原さんは巨人契約第1号選手と聞いていましたが、藤本さんは早大の先輩です。“三原、そのくらいにしとけ”。三原監督がベンチに戻りました」。

 この話と次の話は直接関係ないが、エンゼルスの大谷翔平の先生は花巻東の佐々木洋監督。佐々木監督の先生は、横浜隼人高の水谷哲也監督。「上には上がある」のは確かである。

 佐々木は国士舘大捕手のときから水谷を慕い、尊敬し、教員資格取得に大事な教育実習も水谷の計らいで横浜隼人で受け、卒業後同校で先生、野球部コーチ。勉強をして2001年、56年創校の花巻東に赴任。日本史の先生で監督に。

 佐々木を慈しんで来た水谷は「わたしは彼のご両親のお人柄を学ばせて頂いているんです」。謙虚にいうが、前回の東京五輪の64年、徳島生まれ。徳島市立高、国士舘大、卒業後、横浜市瀬谷区の横浜隼人の先生に。まっしぐらに赴任した。母校国士舘大に近かったからである。

 水谷哲也のすべては人を大切にしていることから始まっている。催しがあると進んで裏方を務める。私は彼が横浜での関係者の会で、クロークの手伝いに一生懸命だったのに何度も出会っている。

 横浜隼人高を訪れるとお客さんを迎える玄関がキレイである。校長は心ひろく、やさしく、校舎からすぐのグラウンドは第二の教室のようで、ベンチ隣に机を出して宿題と取り組んでいる選手、からだに力をつけようと弁当を食べている選手、外野で長距離走の選手、のびやかでひたむきだ。

 09年横浜隼人は神奈川で勝ち、第91回大会に出場。1回戦6対2伊万里農林。2回戦でなんと花巻東とぶつかった。それは甲子園大会が両校にプレゼントしてくれた恩愛のトロフィーともいえた(1対4花巻東)。

 あの日から10年目になる。花巻東が岩手大会で勝ち甲子園にやって来た。「逆転の花巻東」の4番は水谷哲也監督の令息2年生の水谷公省。5番が同、田村陽大。男の修行に出る公省くんを立派な高校生に育てますと、佐々木は言ったに違いない。

 この2年生は岩手大会前に、3年生の重圧を支えたいと言っていたが、この心くばりだけでも成長が伺える。佐々木、水谷に感無量の第101回大会だったであろう。水谷はいま3年生の進路相談に忙しい。その姿は、夕焼けによく似合っている。

=敬称略=(スポーツジャーナリスト)

最終更新:9/14(土) 11:07
東スポWeb

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事