ここから本文です

プロが漫画の手ほどき 氷見・漫画体験イベント

9/14(土) 14:41配信

北日本新聞

 氷見市の漫画体験イベント「キトキトまんがチャレンジ!!」は14日、市漁業文化交流センターで開き、市内外の子どもや保護者ら29人がプロの漫画家から描き方の手ほどきを受けた。

 氷見市は漫画家、藤子不二雄(A)さんの出身地として「まんがのまちづくり」を進めている。漫画と氷見の魅力に触れながら、思い出をつくってもらおうと企画した。小学館の月刊コロコロコミックで「学級王ヤマザキ」や「コロッケ!」などを連載した樫本学(まな)ヴさんを講師に招いた。

 樫本さんは小学4年から漫画を描き始め、藤子(A)さんの「まんが道」に影響を受けたと紹介。ホワイトボードに漫画を描きながら表情のつけ方、キャラクターの作り方などを説明した。参加者はノートに印刷された樫本さんのキャラクターに表情を付けたり、自由に描いたりした。比美乃江小4年、津里(つり)昌紀君は「キャラクターに特徴を出すことが勉強になった。うまく描けた」と話した。

 氷見特産のかまぼこに全員でオリジナルの絵付けをしたほか、藤子(A)さんの作品を紹介している市潮風ギャラリーも訪れた。

最終更新:9/14(土) 14:41
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事