ここから本文です

竹や白布でハロウイーン表現 砺波で河合刀太さん展

9/14(土) 15:34配信

北日本新聞

 砺波地方在住やゆかりの作家を紹介する「となみ野アート 河合刀太展-竹のインスタレーション 布のインスタレーション」は14日、北日本新聞砺波支社ギャラリーで開幕した。南砺市福野の植物造形作家、河合さん(38)の独創的な作品を展示している。23日まで。

 河合さんは若手作家でつくる「アートセッションとなみ野」の副会長を務め、造園業を営みながら多彩な作品を発表している。

 今回は、楽しいハロウイーンをイメージした大作2点を会場で制作した。布のインスタレーションは、お化けが列になって進む様子を、浮遊感のある白布や、コウモリラン、ユーカリなどを組み合わせて創作した。糸巻きをつないで骸骨や鎖も表現している。

 竹のインスタレーションは、夜高あんどんの骨組みの作り方を応用し、竹を丸い球や繭(まゆ)のような形に編み、カボチャのお化けのイメージを空間につくりだした。北日本新聞社主催。

最終更新:9/14(土) 15:34
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事