ここから本文です

【RISE】那須川天心vs志朗を予想、志朗が勝つには=内山高志、朝倉兄弟、青木真也ら

9/14(土) 22:14配信

イーファイト

 9月16日(月・祝)に『RISE WORLD SERIES 2019』(幕張メッセ)で-58kg級決勝で対戦する那須川天心(RISE世界フェザー級王者)vs志朗(ISKAムエタイ世界バンタム級王者)。

【フォト】那須川攻略なるか、昨年6月、ロッタンがどんどん前に出て那須川を追い詰めた

 幼少期から那須川を“ライバル”と意識し、那須川と戦うために「RISE」への参戦を決意した志朗。那須川の試合映像を毎日3~4時間見ながら戦い方を研究し、練習量も「過去最高というぐらいやってきた」と語る志朗がどんな戦い方を見せるのか。

 この大会を生放送する『AbemaTV』では、この二人の勝敗予想を格闘界のレジェンドや現役ファイターたちが行ない、現在『AbemaTV』YouTubeチャンネルで公開されている。

【各予想は以下の通り】

・内山高志(元ボクシング世界王者):「今までの実績と、あれだけの勝ち方をしてきていますから、誰に聞いても天心(が勝つ)と言うと思うんですけど、僕としては、天心はチャンピオンとしては圧倒的。そこの牙城を崩すというか、志朗選手の番狂わせを期待したいですね。天心選手は穴が見つからない。僕ならロッタンの戦い方をする。前に前に出て距離を潰して、あのときはロッタンの距離でした。天心の持ち前のスピードとパワーが発揮されなくなっていった。それを踏まえるとあの戦い方が一番有利。志朗選手はこれに勝ったら人生変わるという気持ちが強いと思う。一夜にしてスターになる。気合入ると思いますよ。僕としては天心が強すぎるので志朗選手に頑張って欲しいです」

・朝倉未来「那須川選手はスピードもフェイントも凄く翻弄されてしまう。対策は近い距離でボディの膝を気をつけつつ目をつぶらない。顎を引いて打ち合いに持っていくしかない。それを続けることで体力を削って判定に持ってくしかない。那須川の攻撃にほとんどの選手が目をつぶるところで那須川の攻撃をもらい効かされる。志郎選手は目をつぶらないタイプ。那須川の攻撃に目をつぶらないでいられるか。勝つとしたら判定にもっていくこと」

・朝倉海:「できるだけ近い距離で撃ち合う時間を長く作れば、倒すのは多分難しいと思うので判定で勝つチャンスはあるかもしれない。しかし天心選手は距離をとって接近戦をさせない戦い方をするだろう。」
※勝つチャンスは未来、海ともに「あるけど少ない」と言う見方だった。

・青木真也:「那須川天心は、RISEを盛り上げなければいけない使命感に駆られている。那須川天心は、自分の中に戦いがある。常に自分と戦い続けているからこそ、いつ壊れるかわからない恐怖がありますよね。那須川天心がありえるとしたら“自爆”なんですよね。志朗選手は、自爆を誘発している。勝負事は自爆で勝敗がつくことが多い。極論は、ミスをしなければ負けない。那須川天心が自爆する材料は揃っている」

・武蔵:「しっかりブロックを固めて、確実にローキックを仕掛けていくことが出来れば。那須川天心は、エサを撒いてくると思いますけど、エサを食べに行ったら、カウンターをまともに貰っちゃう可能性がある。エサを撒かれても食べにいかずに、しっかりディフェンスして、ロー(を攻める)。やっぱり最大の攻撃はローキックになってくる。それがキーポイントになると思う。ローキックがもし効けば、パンチが当たる可能性もある」と那須川選手との戦い方を分析。

・北岡悟:「那須川先生の攻撃を志朗選手が防げなさそうな感じがしますよね、当たっちゃいそうで。(那須川選手は)暴れん坊将軍とか、水戸黄門みたいですよね。出てきて“絶対勝つ”みたいな。すごいと思います。すごいエンターテイメントだと思います」

最終更新:9/15(日) 2:18
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事