ここから本文です

「ダンスブリッジ2019」“声”がテーマの第1弾に松本大樹、鯨井謙太郎

9/14(土) 10:27配信

ステージナタリー

「ダンスブリッジ2019」が、9月から12月にかけて東京・神楽坂セッションハウスで開催される。

【動画】ダンスブリッジ2019 第一弾 声と、踊りと。音読劇場PV(メディアギャラリー他9件)

「ダンスブリッジ2019」は、ダンスと観客・社会の架け橋になることを目的に開催されるダンス公演。第1弾は松本大樹、第2弾は近藤良平、第3弾はセッションハウス、第4弾は伊藤直子が監修を務める。

9月21・22日開催の第1弾では、話し手から紡がれる童話朗読に光を当てた松本振付の「『CHILDBOOK』~子どもの本を開こう」や、細胞に刻まれた記憶をたどる鯨井謙太郎構成・振付・出演「アーカーシャのうた」など、“声”をテーマにしたダンスが朗読や合唱に乗せて披露される予定だ。

■ 「ダンスブリッジ2019 第一弾 声と、踊りと。音読劇場」
2019年9月21日(土)・22日(日)
東京都 神楽坂セッションハウス

□ 「『CHILDBOOK』~子どもの本を開こう」
「パイドパイパー」ドイツ民話 脚色岡本直土
「ないたあかおに」(世界文化社)原作浜田廣介 脚色浜田廣介 / おうちやすゆき

振付:松本大樹
共同デザイン:上地泉
おはなし・ダンス:玉川みなみ、玉川さやか、佐藤郁、三橋俊平、横山真依

□ 「『アーカーシャのうた』~鯨井巖『一学徒兵の北部沖縄戦回想録』~」
構成・振付・出演:鯨井謙太郎
オイリュトミー:野口泉
語り:定方まこと
三線:鯨井絵里加
合唱:Noema Noesis ensemble
音楽監督:堅田優衣

■ 「ダンスブリッジ2019 第二弾 対話型・KONDO劇場」
2019年10月26日(土)・27日(日)
東京都 神楽坂セッションハウス

□ 「The stillness of the wind」
振付・出演:柿崎麻莉子

□ 「TOUCHOU」
振付・出演:さかい to しんじ(酒井亜矢、白髭真二)

□ 「かませ犬」
出演:笠井瑞丈×上村なおか

□ 「おとこの一生」
出演:近藤良平

□ 「メロディーフェアー」
出演:TABATHA(岡本優、工藤響子、柴田菜々子、四戸由香)

■ 「ダンスブリッジ2019 第三弾 インターナショナル劇場」
2019年11月2日(土)・3日(日・祝)
東京都 神楽坂セッションハウス

□ 中村蓉「ジゼル」
振付・出演:中村蓉

□ ブッシュマン「肌束の尾」
出演:金子佑紀、河内優太郎、黒須育海、江口力斗、手塚バウシュ、中村駿

□ 韓国NDA招聘作品 LEE Dang Ha「Guernica Again」
振付・出演:LEE Dang Ha

□ 踊る銭湯プロジェクト「nigh / ナイ」
出演:HEIDI、柴田菜々子、根本紳平、則竹美空、堀川千夏
太鼓:高倉龍和、諸見里聖
写真(インスタレーション):アベトモユキ、渡部孝弘
振付:HEIDI
演出構成:宇山あゆみ

□ 皆藤千香子「Age of curse」
コンセプト・振付:皆藤千香子
ダンス:ヤシャ・フィーシュテート、ハナ・クレブス、カール・ルンメル
ビデオ:ファビアン・ハイツハウゼン
ドラマトゥルグ:アントニオ・ステラ

□ セッションハウス研究室
中野優子(東京大学大学院教育学研究科教育学研究員)、木場裕紀(大同大学教養部講師)

■ 「ダンスブリッジ2019 第四弾 旅は道連れ劇場」
2019年12月7日(土)・8日(日)
東京都 神楽坂セッションハウス

□ 「4人の僧侶」
振付:笠井瑞丈
出演:笠井瑞丈、奥山ばらば、鯨井謙太郎、小出顕太朗

□ 「7つの大罪」
出演:マドモアゼル・シネマ(竹之下たまみ、蓮子奈津美、古茂田梨乃、中島詩織、須川萌、佐治静、中込美加恵)

□ 「旅は道連れ」
振付:伊藤直子
出演:笠井瑞丈、奥山ばらば、鯨井謙太郎、小出顕太朗、竹之下たまみ、蓮子奈津美、古茂田梨乃、中島詩織、須川萌、佐治静、中込美加恵

最終更新:9/14(土) 10:27
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事