ここから本文です

看取り士を演じた榎木孝明、映画公開に「約束果たせた」

9/14(土) 14:19配信

シネマトゥデイ

 14日、俳優の榎木孝明、映画監督の白羽弥仁らが、東京都千代田区の映画館・有楽町スバル座で行われた映画『みとりし』公開記念舞台あいさつに出席、新作としてはスバル座最後のロードショー作品となる本作の公開に誇らしげな顔を見せた。この日は共演者の村上穂乃佳、高崎翔太、櫻井淳子、原案の柴田久美子も来場した。

映画『みとりし』予告編

 本作は、余命わずかな人が最期に残された時間、旅立つ人、送る人に寄り添う「看取り士」を題材にしたヒューマンドラマ。娘を亡くし、喪失感の中で生きてきた定年間際のサラリーマン柴(榎木)が、セカンドキャリアとして選んだ“看取り士”という仕事を通じて「死」と向き合う日々を描き出す。大勢の観客から拍手で迎えられた榎木は「拍手が大きくてうれしく思います。今日で(映画が完成する道のりの)半分だと思っています。今日の思いを是非伝えてください」と晴れやかにあいさつした。

 本作には、企画者のひとりとしても参加しており「わたしは生まれ育ちが鹿児島の片田舎でして。小さい頃は、地域で冠婚葬祭を執り行っておりましたが、それがどんどん病院に入ってしまった。本当の生と死の意味が、身近なところから病院に入ったことで、次の世代に伝えていくのが非常に難しい時代になったなと感じていました」と語った榎木。「そんな時に柴田さんとお会いして。初めて『看取り』ということを実践されている方とお会いしてとても衝撃を受けました。わたしが考えていたある種の理想形がそこにあると思ったんです。いつかこれを全国に広めるための映像作りを約束して、それをやっと果たせたということです」と安どの表情を見せた。

 その榎木と一緒に映画化に奔走したのが、原案の柴田。「皆さんもご存知の通り、この国は2025年問題(団塊の世代が後期高齢者に達することで起きる社会保障費急増などの諸問題)、そして昨年は136万人の方が旅立たれましたこの大きな問題をなんとか、微力ながら解決できないかという願いを込めて。そしてわたし自身、ガン告知を受けまして。この映画にすべてを託して、皆さんにお届けしたいと。榎木さんにぜひお願いしたいとご連絡しました」とその思いを語った。

1/2ページ

最終更新:9/14(土) 14:19
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事